健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■東京都、新たに293人が新型コロナに感染 国内で1054人感染、40人死亡

 国内では6日午後9時30分の時点で、東京都で293人、埼玉県で114人、神奈川県で113人、千葉県で109人、大阪府で82人、北海道で47人、愛知県で35人、宮城県で34人など、32都道府県と空港検疫で新たに1054人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。緊急事態宣言の再延長が決まった東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県の感染者数は計629人で、国内全体の6割を占めました。

 また、東京都で8人、埼玉県で7人、千葉県で5人、福島県で3人、京都府で2人、大阪府で2人、愛知県で2人、神奈川県で2人、静岡県で2人、佐賀県で1人、兵庫県で1人、北海道で1人、山口県で1人、愛媛県で1人、熊本県で1人、群馬県で1人の、合わせて40人の死亡の発表がありました。

 国内で感染が確認された人は、空港検疫などを含め43万8916人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて43万9628人となっています。

 感染して亡くなった人は、国内で感染した人が8238人、クルーズ船の乗船者が13人の、合わせて8251人です。

 東京都は6日、都内で新たに10歳未満から90歳代までの男女合わせて293人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。新規感染者は2日ぶりに300人を下回りました。

 6日までの7日間平均は267・3人で、前の週の99・3%となりました。5日は100%を超えており、下げ止まりの傾向が続いています。

 都の担当者は 「7日間平均は20歳代と、60歳代から90歳代で前の週と同じか増えている。30歳代から50歳代は前の週の8割から9割だが、目安とする7割以下には届いていない」とした上で、「感染者が減らない状況なので緊急事態宣言が延長された2週間、不要不急の外出自粛やテレワークの推進などの感染対策を引き続きお願いしたい」と呼び掛けています。

 新規感染者293人の年代別は、10歳未満が10人、10歳代が12人、20歳代が68人、30歳代が43人、40歳代が44人、50歳代が29人、60歳代が28人、70歳代が29人、80歳代が22人、90歳代が8人。

 感染経路がわかっている濃厚接触者の内訳は、「家庭内」が最も多く70人、次いで、「施設内」が50人、「会食」が10人、「職場内」が9人などとなっています。

 このうち「施設内」では、7つの医療機関で患者と職員合わせて34人、5つの高齢者施設で利用者と職員合わせて15人の感染が確認されました。

 新規感染者293人のうち、約48%に当たる140人は、これまでのところ感染経路がわかっていないということです。このほか、アメリカに渡航歴のある人が1人いました。

 これで都内で感染が確認されたのは、合わせて11万3218人になりました。

 一方、6日時点で入院している人は、5日より56人減って1393人でした。「現在確保している病床に占める割合」は、27・9%です。

 入院している人のうち、都の基準で集計した6日時点の重症の患者は、5日より2人増えて51人で、重症患者用の病床の15。5%を使用しています。

 また、都は、感染が確認された60歳代と80歳代の男女8人が死亡したことを明らかにしました。8人のうち、3人は医療機関で、2人が有料老人ホームで、1人は家庭内でそれぞれ感染したということです。

 これで都内で死亡した人は、合わせて1462人になりました。

 2021年3月6日(土)