健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■コロナワクチン接種の60歳代女性、3日後に死亡 因果関係は評価できず

 厚生労働省は2日、4日前に新型コロナウイルスのワクチンを接種した60歳代の女性が1日に死亡したと明らかにしました。国内で接種を受けた人の死亡が確認されたのは、初めてです。

 死因はくも膜下出血と推定され、女性が接種を受けた医療機関は「接種との因果関係は現時点で評価できない」と報告しているということです。

 厚労省によりますと、死亡したのは60歳代の医療従事者の女性で、2月26日にアメリカの製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けました。

2日になって接種が行われた医療機関から、女性が1日に死亡したと報告があったということです。

 医療機関からの報告によりますと、女性に基礎疾患やアレルギーはなく、死因はくも膜下出血と推定されるということです。

 新型コロナウイルスのワクチンは2月17日から全国100病院で順次、医療従事者への先行接種が始まっており、これまでに3万人以上が接種を受けました。

 厚労省は今後、専門家部会で詳しく検証することにしており、幹部の1人は「ワクチン接種後に偶発的に起きた紛れ込み事案ではないかと受け止めているが、接種を開始したばかりなのでネガティブな内容についても、しっかり発表するという方針のもと公表した」と話しています。

 今回の死亡事例について、新型コロナウイルスのワクチンの安全性などについて評価する厚労省の専門家部会の部会長を務める東京医科歯科大学の森尾友宏教授は、「死因として疑われているくも膜下出血は40歳代から60歳代の方に比較的起こりやすい疾患とされており、今のところ、海外における接種事例でも、くも膜下出血と新型コロナワクチンに関連があるとはされていないようだ。偶発的な事例かもしれないが、さらに情報を収集し今後の審議会で評価していく必要がある」などとしています。

 新型コロナウイルスのワクチンを接種した後に亡くなったケースは、日本に先行してワクチンの接種が行われている国々でも報告されていますが、アメリカの疾病対策センターCDC)は、死亡した理由にワクチンの安全性の問題を示すような一定のパターンは認められないとしています。

 CDCによりますと、アメリカでは昨年12月14日以降、2月21日までに6300万回を超えるワクチンの接種が行われ、ワクチンを接種した後に亡くなった人は1099人いるということです。

 率にすると0・0015%で、CDCなどがワクチンを接種したこととの因果関係があるかどうかそれぞれのケースについて調べていますが、これまで死亡した理由にワクチンの安全性の問題を示すような一定のパターンはみられないとしており、新型コロナウイルスのワクチンは安全で効果があるとしています。

 2021年3月2日(火)