健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■ニュージーランド、最大都市オークランドに再びロックダウン発令 コロナ感染者の報告続く

 ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は2月27日、新型コロナウイルス感染者の報告が続いていることから、最大都市オークランドに新たなロックダウン(都市封鎖)を発令しました。

 今回のロックダウンは、最低7日間続く見通し。オークランドでは約2週間前の2月14日にも、3日間のロックダウンが実施されました。

 市民170万人には28日朝から、必要不可欠な買い物や仕事以外は自宅にとどまるよう求められます。学校と生活必需品以外を扱う店舗は閉鎖され、市外との往来は制限されます。

 オークランド以外の地域の警戒レベルは「2」で、集会への制限などが実施されることになります。

 アーダーン首相は、27日の新規感染者1人が過去2週間に確認された検査陽性者らと直接つながっている可能性はないものの、オークランド南部にある学校が共通して関係していると述べました。

 オークランドでは2月、一家4人の感染が確認され、その後数件の発症例が報告されました。南部にあるこの学校が感染に関係しているとされています。

 27日の新規感染者は、前日に医師による診察を受け、その後スポーツジムに足を運びました。

 アーダーン首相は、この感染者が1週間ウイルスを人にうつす状態にあったものの、隔離されていなかったのは「懸念材料」だとコメント。市内での潜在的な感染拡大は、しかるべき時期に隔離されなかった人々に責任があると述べました。

 ニュージーランド新型コロナウイルス感染症への対応で成功してきたとして、国際的に高く評価されています。昨年2月に最初の感染者が確認されて以降、3月1日午後3時までに確認された感染者は2376人、死者は26人にとどまっています。同国の人口は約504万人。

 2021年3月1日(月)