健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■ジェネリック医薬品大手「日医工」に業務停止命令へ 精神安定剤など75品目の自主回収を繰り返す

 ジェネリック医薬品製造大手の日医工が相次いで製品の自主回収をしていたことを受け、富山県は会社の製造や品質管理の体制に問題があるとして、3月にも業務停止命令を出す方針を固めたことがわかりました。

 日医工によりますと、富山県滑川市富山第一工場で製造した医薬品の品質試験が承認されていない方法で実施されたり、再試験の際の記録に不備があったりしていることが、社内の調査で明らかになりました。

 こうした不備があったのは高血圧薬や精神安定剤、花粉症などの抗アレルギー薬、胃腸薬、糖尿病改善のため血糖値を抑える薬など75品目に上り、日医工は昨年4月から今年1月までに自主回収したということです。

 今のところ健康被害は確認されていませんが、こうした自主回収が相次いだことを受け、富山県は現在、日医工への実態調査を進めており、結果がまとまれば行政処分を決める見通しです。

 行政処分には、重い順に許可取り消し、業務停止命令、改善命令の3つがあります。富山県は、回収した品目が多く複数の不備があることから、富山第一工場の製造と全社での販売について業務停止命令を出す方針を固めました。

 富山県日医工に業務停止命令を出せば初めてのことで、このうち富山第一工場の業務停止命令の期間は約1カ月間とする方向で調整を進めています。

 日医工は「現時点で業務停止命令を受けていないのでコメントできない」とした上で、「多くの品目での自主回収となり患者や医療関係者にご迷惑をおかけして深くおわび申し上げる。今後、再発防止に取り組んでいきたい」としています。

 価格が安い後発医薬品いわゆるジェネリック医薬品を巡っては、水虫などの治療薬に睡眠導入剤の成分が混入した問題で、製造した福井県あわら市の「小林化工」に対して、法令順守の意識が欠如し、品質管理の体制に重大な問題があるとして、過去最長となる116日間の業務停止命令が2月9日に福井県から出されています。

 2021年2月26日(金)