健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■新型コロナ、国内で3991人感染 56人死亡 国内の累計死者が5000人超える

 国内では24日午後7時45分の時点で、東京都で986人、神奈川県で555人、大阪府で421人、千葉県で328人、埼玉県で285人、福岡県で224人、兵庫県で178人、愛知県で164人、京都府で115人、北海道で94人など、青森県山梨県島根県を除く44都道府県と空港検疫で、合わせて3991人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。 

 また、大阪府で10人、愛知県で6人、埼玉県で5人、北海道で4人、千葉県で3人、東京都で3人、京都府で2人、兵庫県で2人、岐阜県で2人、広島県で2人、熊本県で2人、福岡県で2人、茨城県で2人、大分県で1人、奈良県で1人、岡山県で1人、栃木県で1人、神奈川県で1人、福井県で1人、福島県で1人、群馬県で1人、長崎県で1人、静岡県で1人、香川県で1人の、合わせて56人の死亡の発表がありました。

 国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め36万5724人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて36万6436人となっています。感染して亡くなった人は、国内で感染した人が5120人、クルーズ船の乗船者が13人の、合わせて5133人です。

 厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、24日時点で、前日より2人減の1007人となっています。

 一方、症状が改善して退院した人などは、24日時点で、国内で感染した人が29万542人、クルーズ船の乗客・乗員が659人の、合わせて29万1201人となっています。

 新型コロナウイルスに感染し、亡くなる人が増え続けており、クルーズ船の乗船者を除くと、23日には全国で83人の死亡が発表されて5064人となり、5000人を超えました。

 国内で感染して亡くなった人は、昨年11月24日に累計で2000人を超え、1月9日には4000人を超え、その後の2週間で1000人増えて、23日に5000人を超えて5064人になりました。

 都道府県別に23日までに亡くなった人は、いずれも累計で、大阪府で826人、東京都で779人、北海道が565人、神奈川県が398人、愛知県が358人などとなっています。

 1日当たりの死者数は、昨年12月まではおおむね60人以下で推移していました。1月になって70人を上回る日が出るようになり、19日に初めて100人を超え、22日は108人でした。

 厚生労働省20日時点でまとめた死者数約4300人の集計によると、累計の感染者に対する死者の割合は全体で1・3%となっています。年代別にみると、80歳代以上が11・5%、70歳代が4・3%、60歳代が1・3%、50歳代が0・3%、40歳代が0・1%となっています。

 2021年1月24日(日)