健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■新型コロナ、東京都で1175人感染確認 1000人超は10日連続に

 東京都は22日、都内で新たに10歳未満から100歳以上までの男女合わせて1175人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。21日から296人減りましたが、1日の感染の確認が1000人を超えるのは10日連続です。

 年代別は、10歳未満が34人、10歳代が63人、20歳代が223人、30歳代が172人、40歳代が173人、50歳代が159人、60歳代が114人、70歳代が98人、80歳代が103人、90歳代が32人、100歳以上が4人。

 1175人のうち、約46%に当たる540人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、約54%に当たる635人はこれまでのところ感染経路がわかっていないということです。

 これで都内で感染が確認されたのは、合わせて9万1834人になりました。

 一方、都の基準で集計した22日時点の重症の患者は、21日より1人減って158人でした。

 また、都は、感染が確認された9人が死亡したことを明らかにしました。

 死亡した9人のうち、2人が自宅療養中だった。有料老人ホームに入所していた90歳代の女性は、1月8日に新型コロナに感染したことが判明。都の入院調整本部が入院先を探したものの、見付からず20日に亡くなったといいます。医師が常駐するクリニックが老人ホームにあったことから、入院先を探す優先順位が高くなかったといいます。

 これで都内で死亡した人は、合わせて770人になりました。

 首都圏の1都3県に緊急事態宣言が出されてから2週間となった現在の感染状況について、東京都の小池百合子知事は記者会見で、「人の流れは、夜間は低下に転じているが、昼を含めた全体としてみれば十分には抑え切れていない。残念なことに感染の拡大は止まっていない」と述べました。

 その上で、「ここが正念場だ。テレワークの徹底や不要不急の外出の自粛を改めてお願いしたい。社会全体で集中的に感染拡大を食い止め、収束させたい」と述べ、協力を呼び掛けました。

 また、ワクチンの接種に向けた都の対応については、「できるだけ速やかに必要な方に接種が開始できるよう、区市町村と連携しながら医療機関の確保などの準備を進めている。対応に万全を期すためにワクチンの担当がすでにいるが、体制を強化をしてしっかり対応していく」と述べました。

 さらに、政府が新型コロナウイルス対策の特別措置法や感染症法の改正案を決定したことについて、「罰則の規定を盛り込むことは事業者に対する要請の実効性の確保に資するものになると思う。これまでいろいろ言葉を変えながらメッセージだけで取り組んできた部分も半分ぐらいあるが、法的な根拠や『法的』という言葉が持つ別の意味のメッセージが感染拡大の防止につながることを期待している」と述べました。

 2021年1月22日(金)