健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■東京都で新たに534人が新型コロナウイルスに感染 500人超は初、2日連続最多を更新

 東京都は19日、都内で新たに10歳未満から90歳代までの男女合わせて534人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。都内で1日の感染者が500人を超えるのは初めてで、18日に記録していた493人を上回って、過去最多を2日連続で更新しました。

 年代別では、10歳未満が5人、10歳代が27人、20歳代が130人、30歳代が110人、40歳代が96人、50歳代が80人、60歳代が31人、70歳代が42人、80歳代が10人、90歳代が3人。40歳代、50歳代、70歳代は、過去最多でした。

 534人のうち、約40%に当たる216人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者、約60%の318人はこれまでのところ感染経路がわかっていないということです。

 濃厚接触者の内訳は、「家庭内」が87人で最も多く、次いで「職場内」が60人、「施設内」が28人、「会食」が10人などとなっています。

 このうち家庭内では、10歳未満から80歳代までの幅広い年代で感染が確認され、人数はこれまでで最も多くなりました。

 東京都の担当者は、「急激に感染が拡大しているようにみえるが、このまま感染の確認が増え続けるのか、ペースが少し落ち着いてくるのか、動きを注視している」と話しています。

 19日の時点で都内で感染が確認されたのは、累計3万6256人になりました。

 東京都によりますと、都内で感染が確認された3万6256人のうち、入院中の人は18日より7人減って1347人です。入院患者のうち、都の基準で集計した重症の患者は18日より1人減って38人です。

 都は19日の時点で、重症の患者向けの病床を150床、中等症以下の患者向けの病床は2490床を確保しているということです。

 また、自宅で療養している人は、18日より52人増えて533人。都が開設・運用している9つのホテルなどで療養している軽症や無症状の人は、18日より79人増えて686人で、これまでで最も多くなりました。医療機関に入院するか、ホテルや自宅で療養するか調整中の人は、18日より86人増えて668人です。

 一方、すでに退院した人や、自宅などでの療養が終わった人は、3万2546人となっています。

 東京都は新型コロナウイルスの対策本部会議を19日午後に開き、重症化リスクの高い高齢者の新たな感染が増えているとして、重症患者向けの医療提供体制を強化する考えを示しました。具体的には、重症患者用の病床を現在の150床から2倍の300床を視野に入れて、確保を進めます。都は、必要な体制を確保するよう医療機関に要請しました。

 小池百合子知事は、中等症以下の患者の医療提供体制について「専用医療施設の整備を進めており、今月中には工事が完了、来月には開設する予定だ」と述べました。

 2020年11月20日(金)