健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■日本の子供の幸福度、38カ国中20位 「健康」は1位、「精神」はワースト2位

 日本の子供たちは、身体的には健康だが、精神的な幸福度は低いというデータを、ユニセフ(国連自動基金)が3日、公表しました。日本を含む先進国や新興国など38か国を比べた調査で、死亡率などが低い一方、今の生活への満足度などが低く、「子供の幸福度」の総合順位は20位でした。1位はオランダ、2位がデンマーク、3位はノルウェー、4位がスイス、5位はフィンランドと、ヨーロッパの国が上位を占めました。

 調査は、生活の満足度が高いと答えた割合や自殺率の数値を比較した「精神的幸福度」、死亡率や肥満の子供・若者の割合を比較する「身体的健康」、読解力や「すぐに友達ができる」と答えた子供の割合を比較する「スキル」の3項目を、直近の指標から算出(対象は多くが5~19歳)。

 日本は「身体的健康」で1位となったものの、「スキル」が27位、「精神的幸福度」は37位でワースト2位。例えば、15歳の子供たちに「今の生活の満足度」を0~10で評価してもらったところ、「5以下」と答えた割合は、日本は4割近かったのに対し、総合1位のオランダでは約1割でした。

 子供の幸福度に関する調査は、前回は2013年に実施。対象国や指標が異なり単純比較はできませんが、当時の順位は31カ国中6位と上位でした。

 調査の報告書では、子供たちの幸福度は公共政策や社会情勢、そして子供自身や保護者のネットワークに影響されると指摘。現在、新型コロナウイルスの感染拡大によって学校が休校になったり、経済や社会に大きな影響が及んだりすることで、子供たちが長期的にもマイナスな影響を受けかねないと訴えています。

 会見に同席した法政大学名誉教授で教育評論家の尾木直樹でさんは、日本の子供たちの精神的幸福度の低さについて、「一斉主義で、競争原理に支えられている学校システムの影響も大きいのでは」と分析。受験勉強など、偏差値によって比べられることなどを通じ、子供の自己肯定感が下がりかねない現状があると指摘しました。

 2020年9月3日(木)