健康創造塾

日本発の健康情報を発信

■世界の感染者1626万人強 死者65万人弱 インドネシアの感染者が10万人を超える

 アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、新型コロナウイルスの感染が確認された人は、日本時間の27日午後3時の時点で、世界全体で1626万1995人となっています。また、亡くなった人は、64万8937人に上っています。

 このうち感染者が最も多い国はアメリカで423万4020人、次いでブラジルが241万9091人、インドが143万5616人、ロシアが81万1073人、南アフリカが44万5433人となっています。

 亡くなった人が最も多い国もアメリカで14万6935人、次いでブラジルが8万7004人、イギリスが4万5837人、メキシコが4万3680人、イタリアが3万5107人となっています。

 新型コロナウイルスの感染者が急増しているアメリカでは、西部のカリフォルニア州に続いて、南部のフロリダ州でも、これまでに感染した人の数がニューヨーク州を上回り、南部や西部を中心に感染の拡大が深刻になっています。

 ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、25日に報告された1日当たりの新たな感染者は6万5000人を上回り、10日以上にわたって6万人から7万人台となる日が続いています。

 最初に感染が広がったニューヨーク州では、このところ1日当たりの新たな感染者が700人程度にとどまる一方、南部や西部の州で感染者の急増が目立っています。

 7月22日には西部のカリフォルニア州でこれまでに感染した人の数が40万人を超え、ニューヨーク州を上回って全米で最も多くなったのに続き、26日には南部フロリダ州でも感染者の数がニューヨーク州を上回りました。

 フロリダ州の保健当局によりますと、州では9000人を超える患者が入院し治療を受けており、少なくとも50の医療機関で患者を受け入れる能力が限界に達しているということです。

 南部のテキサス州でもメキシコとの国境に近い地域で感染者が急増しており、25日から26日にかけて接近したハリケーンの影響で、大雨や強風による停電や建物の浸水も起きています。

 各地に避難所が設けられていますが、収容する人数を抑えて人との接触を最小限にとどめているほか、避難してくる人の体温を測るなどして、感染のリスクを減らす努力が行われています。

 一方、東南アジアで新型コロナウイルスの感染状況が最も深刻なインドネシアでは、感染が確認された人が10万人を超えました。インドネシア政府は経済活動の再開を優先させており、感染の拡大に歯止めがかからなくなることに懸念が広がっています。

 インドネシア政府によりますと、現地時間の27日正午までの24時間に、新たに1525人の感染が確認され、感染者はこれまでに10万303人となりました。

 また、これまでに亡くなった人は4838人で、東南アジアで最も多くなっています。

 インドネシアでは、6月から企業活動などへの制限が徐々に緩和されていますが、首都ジャカルタや第2の都市スラバヤを中心に新たな感染者が再び増えています。

 一方で、政府は、失業者が300万人増えるとの予測も出る中、再び企業活動などへの制限を強めることには消極的な姿勢を示し、経済活動の再開を優先させたい考えです。

 これに対し、専門家からは状況は深刻だという指摘も相次いでおり、今後、感染の拡大に歯止めがかからなくなることに懸念が広がっています。

 2020年7月27日(月)