■新型コロナウイルス、北九州市で新たに16人感染 8日連続で計85人に

 新型コロナウイルスの感染者が再び増えている北九州市は30日、新たに16人確認されたと発表しました。同市での感染者の確認は23日以降8日連続で、この間の累計は85人となりました。うち感染経路不明は、32人に上ります。

 市によると、クラスター(感染集団)が発生した小倉北区の北九州総合病院の医療スタッフ9人の感染が判明し、同病院関連の感染者は計23人となりました。10歳未満の小学生や特別支援学校教諭の感染も明らかになりました。

 北九州市では4月30日から5月22日まで3週間以上、感染者が見付かっていませんでしが、23日以降は状況が一変。北橋健治市長は同市の状況について、感染拡大の「第2波の真っただ中にある」との認識を示しています。

 30日は、福岡市も1人の感染を確認。福岡県が再度の休業要請を検討する独自基準(4指標)のうち「直近3日間の1日当たりの平均感染者数が3日連続8人以上で増加傾向」は、28日10・33人、29日18・33人、30日21・33人と上回りました。

 自粛ムードが高まる中、北九州市の繁華街は30日、普段のにぎわいは見られませんでした。

 2020年5月30日(土)