■新型コロナウイルス、北海道で新たに7人感染 岩見沢市の美容室でクラスター発生か

 28日、北海道内で札幌市の4人を含む7人が新型コロナウイルスに感染したことが、確認されました。岩見沢市の美容室では、新たな集団感染(クラスター)の発生の疑いが出ています。

 28日、北海道で新たに感染が確認されたのは、札幌市で40歳代と10歳代の女性の2人、空知地方で70歳代の女性1人、岩見沢市で50歳代の女性と70歳代の男性の2人、年齢や性別が非公表の2人の合わせて7人です。検査数は、295件でした。

 北海道によりますと、岩見沢市の美容室で新たな集団感染(クラスター)の疑いが出ているということです。

 この店舗では28日、新たに2人の客の感染が判明し、これで従業員と客、合わせて6人の感染が確認されたということです。道内19例目のクラスターの疑いがあるとして、道は感染経路を調べています。

 また、札幌市によりますと、市内の40歳代の女性は同居の家族の感染がすでに確認されており、札幌市は家族間で感染が広がったとみています。

 また、市内の10歳代の女性は4月27日に感染が確認されましたが、28日、再度感染が確認された再陽性だということです。

 札幌市保健所の担当者は、「街中で人出が多くなると、また患者数が増える懸念がある。新しい生活様式を徹底して感染予防をとってほしい」と話しています。

 また、道は年齢・性別非公表の1人が死亡したと発表しました。

 これで道内の感染者は、札幌市の延べ664人を含む延べ1078人。亡くなった人は、86人になりました。治療を終えた人は、延べ770人です。

 2020年5月28日(木)