健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(や)

🇫🇮病気 夜間高血圧

夜間高血圧とは、夜の間から早朝にかけて、寝ている間も血圧が高い状態が続く病態ことです。血圧が上がりっぱなしで、下がらないことから、「ノン・ディッパー(血圧が沈まない人)」という呼び方もされます。 原因の一つに、動脈硬化が疑われます。健康な状…

🇫🇮病気 夜間低血糖

睡眠中に現れる低血糖 夜間低血糖とは、血液に含まれる糖(ブドウ糖)が少なくなりすぎる低血糖が睡眠中に現れる状態。 血液に含まれる糖は、生きるために欠かせないエネルギー源。糖尿病でない人の血液に含まれる糖の量、すなわち血糖値は約70mg/dLから140m…

🇫🇮病気 夜間熱中症

夜間に発症する熱中症で、熱帯夜が多い年に多発 夜間熱中症とは、夕方5時以降の夜間に発症する熱中症のこと。熱中症は、暑さによって体温調節がうまくいかず、体内に熱がこもることで起こる急性の障害の総称です。 熱中症というと日中の炎天下や蒸し暑い時…

🇫🇮病気 夜間頻尿

頻尿のうち、就寝後に排尿回数の増加がある状態を、夜間頻尿といいます。 頻尿とは、尿をした後、一定の時間の経過を待たずに、すぐまた尿意を感じ、排尿回数が増加した状態のことです。この頻尿では、膀胱(ぼうこう)が敏感になり、尿が少したまると不快感…

🇫🇯病気 野球肩

野球を始めとする投球動作によって引き起こされる、さまざまな肩関節障害の総称 野球肩とは、野球を始めとする投球動作による肩の使いすぎによって引き起こされる、さまざまな肩関節障害の総称。 この野球肩は、利き腕の上腕を肩より上に上げてボールなどを…

🇫🇯病気 野球肘

投球動作による上腕の使い過ぎで、利き腕の肘に炎症や痛みが起こる関節障害の総称 野球肘(ひじ)とは、投球動作による腕や手首の使い過ぎで慢性的な衝撃がかかることによって、利き腕の肘に炎症や痛みが起こる関節障害の総称。 この野球肘は、利き腕の上腕…

🇫🇯病気 夜驚症

夜驚症は、主に子供に見られる睡眠障害の一つです。夜間、寝始めて2~3時間後に、急に起き上がって悲鳴を上げながら体を振り回したり、何かにおびえたように泣きわめいたり、歩き回ったり、走り回ったりすることがあります。落ち着かせようとしても、反応…

🇮🇸病気 薬害エイズ

1980年代に、エイズウイルス(ヒト免疫不全ウイルス、HIV)が混入した非加熱濃縮血液製剤が販売され、投与された血友病患者らに感染が広がりました。日本国内で、600人を超える死者が出ました。 薬害エイズの原因は、エイズウイルスに感染したと推定され…

🇮🇸病気 薬原性不眠

医療用医薬品や一般用医薬品の服用が原因で、引き起こされる不眠 薬原性不眠とは、医療機関で処方される医療用医薬品や、薬局、薬店で市販されている一般用医薬品の服用が原因となって、引き起こされる不眠のこと。 疾患の治療などで医薬品を常用している人…

🇮🇸病気 薬剤起因性腸炎

抗生剤などの薬剤の副作用で発生する急性腸炎 薬剤起因性腸炎とは、疾患の治療のために投与された薬剤の副作用で発生する急性腸炎。薬剤性腸炎とも呼ばれます。 原因となる薬剤は、一般に抗生剤(抗生物質)が多く、非ステロイド性消炎鎮痛剤、抗がん剤など…

🇭🇺病気 薬剤性大腸炎

抗生物質など薬物の副作用で引き起こされる急性腸炎 薬剤性大腸炎とは、疾患の治療のために投与された薬物の副作用で発生する急性腸炎。薬剤起因性腸炎とも呼ばれます。 原因となる薬物は、一般に抗生物質が多く、時には消炎鎮痛剤、抗がん剤などでも起こり…

🇭🇺病気 薬剤性低血糖

糖尿病の薬などの服用により、血液に含まれる糖が少なくなりすぎて症状が現れる状態 薬剤性低血糖とは、糖尿病の薬などの服用が原因で、血液に含まれる糖(ブドウ糖)が少なくなりすぎて特有の症状が現れる状態。 経口血糖降下剤やインスリン注射などの薬物…

🇭🇺病気 薬剤性難聴

病気の治療のために使用している薬剤の副作用により、内耳が障害を受けて発症する難聴 薬剤性難聴とは、病気の治療のために使用している薬剤の副作用によって、耳の奥にある内耳が障害を受けたことで発症する難聴。 正常な場合よりも聴力が低下した状態であ…

🇫🇯病気 薬剤性鼻炎

市販の点鼻薬や内服薬を使用し続けた時、その副作用で起こる鼻炎 薬剤性鼻炎とは、治療のために使用している薬物によって、鼻粘膜がうっ血して膨張し、鼻詰まりを起こした状態。薬剤誘発性鼻炎とも呼ばれます。 この薬剤性鼻炎には、市販の血管収縮性点鼻薬…

🇫🇯病気 薬疹

薬物の内服、注射、吸入によって引き起こされる皮疹や、粘膜疹のことです。原因のほとんどが、アレルギーと考えられています。 軽症の場合、おおむね予後は良好で、重症型に移行さえしなければ、原因となる薬剤を中止するだけでよいと見なされます。しかし、…

🇫🇴病気 薬物依存症

精神依存と身体依存の両面がある精神疾患 薬物依存症とは、麻薬、覚醒(かくせい)剤、睡眠薬、精神安定剤などの薬物の摂取によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く捕らわれて、自らの意思で連用行動をコントロールできなくなり、強迫的に連用行為を…

🇫🇴病気 薬物乱用頭痛

薬物乱用頭痛とは、頭痛薬を服用し続けているうちに服用回数や量が増え、それが原因となって起こる頭痛のこと。薬剤誘発頭痛ともいいます。 原因は、頭痛薬の常用で脳の神経が痛みに対して過敏になったり、血管が拡張しすぎたりすることで、頭痛剤を飲んでも…

🇫🇴病気 やけど

熱湯など高熱の物質に接した際に生じる皮膚の損傷 やけどとは、熱湯、炎、蒸気、湯たんぽなど、高熱の物質に接した時に生じる皮膚の損傷。熱傷とも呼びます。 数ある外傷のうち、最も危険な結果を招くことがあり、厳重な予防が必要です。最も多いのは家庭内…

🇫🇴病気 野兎病

野ウサギなどとの接触で引き起こされる感染病 野兎(やと)病とは、グラム陰性菌の野兎病菌によって引き起こされる感染症。日本では野ウサギとの接触で感染することが多いために野兎病と名付けられていて、ツラレミア 、大原病とも呼ばれます。 世界的には北…

🇫🇰病気 夜尿症

5〜6歳を過ぎても夜間のお漏らしがある状態 夜尿症とは、肉体的にも知能的にも正常なのに、5〜6歳を過ぎても継続的に夜間のお漏らしがある状態。排泄(はいせつ)障害の1つで、遺尿症とも呼ばれます。 睡眠中に無意識に排尿してしまうのは、膀胱(ぼう…

🇫🇰病気 薮チフス

ダニ類のツツガムシの幼虫に刺され、引き起こされる感染症 薮(やぶ)チフスとは、細菌のリケッチアを保有するダニ類のツツガムシの幼虫に刺されることによって、引き起こされる感染症。一般にはツツガムシ病と呼ばれます。 日本海側の河川領域にいるネズミ…

🇫🇰病気 やぶにらみ

注視点に向かう両目の視線がずれている状態 やぶにらみとは、両目が見ようとする目標に向かわず、一方の目は目標に向いているのに、片方の目はよそを向いている状態。斜視とも呼ばれます。 よそを向く方向によって、内やぶにらみ、外やぶにらみ、上やぶにら…

🇪🇺病気 夜盲症

夜盲(やもう)症とは、夜間や暗い場所での視力、視野が著しく衰え、目がよく見えなくなる病気。俗に、鳥目(とりめ)と呼ばれます。 先天性では、幼児期より徐々に発症するものと、発症しても生涯進行しないものがあります。後天性では、ビタミンAの欠乏に…