健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(ひ)

◼︎病気 微小血管狭心症

冠動脈の末梢にある微小血管が一時的に収縮して起こる狭心症 微小血管狭心症とは、心臓の表面を取り巻く血管である冠動脈のうち、直径が0・5ミリ以下の非常に細い末梢(まっしょう)血管が一時的に収縮するために起こる狭心症。 一時的な収縮は末梢の微小…

◼︎病気 火だこ

比較的低い温熱刺激が皮膚表面に作用して生ずる紫紅色の色素沈着 火だことは、温風ヒーターや赤外線電気こたつなどからの44度以下の比較的低温の温熱刺激が長時間、あるいは繰り返し皮膚表面に作用することで生じる紫紅色の網目状、あるいは斑(まだら)状の…

🇰🇾病気 非アルコール性脂肪性肝炎

大量の飲酒習慣がないのに脂肪肝になり、慢性肝炎に至った状態 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH:Non-Alcoholic Steato Hepatitis、ナッシュ)とは、大量の飲酒習慣がないにもかかわらず脂肪肝になり、慢性肝炎に至った病態。自覚症状がないまま、肝硬変…

🇨🇫病気 非アルコール性脂肪性肝疾患

アルコールを全く飲まない人や、少しだけ飲む人に脂肪性肝障害がみられる病態 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD:Non-Alcoholic Fatty Liver Disease)とは、アルコールを全く飲まない人や、少しだけ飲むという人にもアルコール性肝障害に類似した脂…

🇨🇫病気 冷え性

冷え性とは、体のほかの部分は冷えを感じないのに、腰や手足など体の一部分だけ冷たく感じる状態のこと。手足が冷たいということとは違い、いわゆる寒がりとも違います。 腰から下に冷えを感じる際に、特別の温度計を用いて皮膚温度を測ると普通であることが…

🇨🇫病気 鼻炎

鼻の粘膜が炎症を起こした疾患。別名は、鼻風邪 鼻炎とは、鼻腔(びくう)の粘膜にさまざまな原因で炎症が生じた疾患。急性鼻炎と慢性鼻炎に分けられます。 急性鼻炎は、鼻腔粘膜の炎症が急激な経過をとるもの。急性鼻炎の多くは、いわゆる鼻風邪と同じと考…

🇨🇫病気 光誘発角膜炎

スキー場、海水浴場などで紫外線が作用して、目の角膜に生じる炎症 光誘発角膜炎とは、スキー場や雪山、海水浴場などで多量の紫外線を含む太陽光線の反射を受けて、角膜に生じる炎症。雪目、雪眼炎、雪盲(ゆきめくら)とも呼ばれます。 いわば、目の日焼け…

🇪🇬病気 脾機能高進症

脾臓がはれることによって機能が高進し、血球が減少する状態 脾(ひ)機能高進症とは、何らかの原因によって脾臓がはれて大きくなる脾腫(しゅ)によって、脾臓の機能が高進した状態。 脾臓は、左横隔膜の下、左肋骨弓(ろっこつきゅう)のところにある100グ…

🇹🇩病気 非機能性副腎腫瘍

ホルモン活性がなく、ホルモン値に異常がない副腎腫瘍 非機能性副腎腫瘍(ふくじんしゅよう)とは、ホルモン検査においてホルモン活性がなく、ホルモン値に異常がないと判断される副腎腫瘍。 副腎は、左右の腎臓の上に位置する小さな内分泌臓器。副腎の内部…

🇨🇱病気 非結核性抗酸菌症

結核菌以外の抗酸菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる疾患 非結核性抗酸菌症とは、結核菌と、らい菌以外の抗酸菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる呼吸器感染症。非定型抗酸菌症とも呼ばれます。 抗酸菌とは、結核の原因である結核菌の…

🇧🇭病気 肥厚性胃炎

胃の粘膜表面が正常より厚くなった状態 肥厚性胃炎とは、胃の粘膜の筋肉が緊張して、胃の粘膜表面が正常より厚く、硬くなった状態。慢性肥厚性胃炎とも呼ばれます。 肥厚性胃炎は慢性胃炎の一種で、慢性胃炎は胃の粘膜が持続的に炎症を起こして、粘膜の性状…

🇨🇱病気 肥厚性腱鞘炎

手の指に起きる腱鞘炎の一種で、手の指を曲げ伸ばしする際にばね現象が発生 肥厚性腱鞘(けんしょう)炎とは、手の指に起きる腱鞘炎の一種。ばね指、弾発指(だんばつし)とも呼ばれます。 手の指には、指の関節を曲げたり伸ばしたりする腱というものが備わ…

🇨🇳病気 肥厚性瘢痕

皮膚の傷が治る過程で、本来は傷を埋めるための組織が増殖して、しこりになったもの 肥厚性瘢痕(はんこん)とは、傷が治る過程において、本来は傷を埋めるための組織が過剰に増殖し、皮膚がやや赤く盛り上がってしこりになったもの。 肥厚性瘢痕の症状はケ…

🇨🇳病気 肥厚性鼻炎

肥厚(ひこう)性鼻炎とは、鼻粘膜の炎症が長引いて、粘膜が厚く、硬く、ごつごつと肥厚した病状です。 ウイルスや細菌感染による急性鼻炎を繰り返した場合、あるいは長引いた場合に起こります。また、鼻中隔(びちゅうかく)湾曲症があれば、湾曲によって広…

🇨🇽病気 肥厚性幽門狭窄症

胃の出口の幽門の筋肉が先天的に厚くなり、胃の内容物が停滞する疾患 肥厚性幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)症とは、胃と十二指腸の境界部にある幽門の幽門輪という部分の筋肉が先天的に厚くなっていて、新生児の母乳やミルクの通りが悪くなる疾患。単に幽門…

🇮🇸病気 肥厚爪

爪の甲の表面の中央部分が肥大化し、極端に盛り上がる状態 肥厚爪(そう、つめ)とは、爪の甲の表面の中央部分が肥大化し、極端に盛り上がる状態。爪肥厚症、巨爪症、オニキクシス、ハイパートロフィーとも呼ばれます。 爪の甲は先端に向かって押し進むよう…

🇨🇴病気 腓骨神経まひ

自力で足首、足指を上げることができなくなり、感覚の障害、しびれが生じる疾患 腓骨(ひこつ)神経まひとは、足関節と足指、下腿(かたい)外側に支配領域を持っている腓骨神経がまひし、自力で足首や足指を上げることができなくなる疾患。 腓骨神経は、下…

🇰🇲病気 皮脂欠乏症

全身の皮膚が乾燥してカサカサし、細かくはがれ落ちてくる疾患 皮脂欠乏症とは、皮膚の表面の脂肪分が減っていくことで水分量も減っていき、全身の皮膚が乾燥してカサカサし、表面が細かくはがれ落ちてくる疾患。乾皮(かんぴ)症とも呼ばれます。 冬の寒い…

🇰🇲病気 肘関節内側側副靭帯損傷

野球の投球動作の繰り返しによって、肘関節の内側を支える靱帯に生じる障害 肘関節内側側副靭帯(ひじかんせつないそくそくふくじんたい)損傷とは、野球の投球動作の繰り返しによって肘関節の内側を支える靱帯に生じる障害。肘関節肘尺側(ちゅうしゃくそく…

🇨🇬病気 肘トンネル症候群

肘の皮膚表面近くを通る尺骨神経が狭いトンネル内で圧迫されて起こる障害 肘(ひじ)トンネル症候群とは、肘の内側の皮膚表面近くを通る尺骨(しゃくこつ)神経が圧迫されて起こる障害。肘部管(ちゅうぶかん)症候群とも呼ばれます。 腕に走る大きな神経の…

🇨🇬病気 肘離断性骨軟骨炎

少年期の野球のピッチャーに多く、肘の酷使によって発生する疾患 肘(ひじ)離断性骨軟骨炎とは、肘の外側にある上腕骨小頭の骨軟骨が壊死(えし)する疾患。離断性骨軟骨炎、上腕骨小頭骨軟骨障害とも呼ばれます。 特に、小学校高学年から中学校低学年の野…

🇨🇩病気 脾腫

さまざまな疾患が原因となって、脾臓がはれて大きくなった状態 脾腫(ひしゅ)とは、脾臓がはれて大きくなった状態。それ自体は疾患ではありませんが、ほかの疾患の影響によって起こります。 脾臓は、左横隔膜の下、左肋骨弓(ろっこつきゅう)のところにあ…

🇨🇩病気 鼻出血

約半数を占めるのは、原因不明の特発性鼻出血 鼻出血(びしゅっけつ)とは鼻、特に鼻腔(びくう)からの出血を意味します。原因のはっきりしているものと、原因が全く不明のものとがあります。 原因のはっきりしているものでは、鼻に原因がある場合と、鼻以…

🇮🇩病気 微小脳梗塞

梗塞する部分が極めて小さいために、自覚症状が全くない脳梗塞 微小脳梗塞(こうそく)とは、梗塞する部分が極めて小さいために、自覚症状が全くない脳梗塞。無症候性脳梗塞、隠れ脳梗塞とも呼ばれます。 自覚症状は全くないけれど、CT(コンピューター断…

🇨🇩病気 皮垂

肛門の周囲にできる皮膚のたるみ、しわ 皮垂(ひすい)とは、肛門(こうもん)の周囲にできる皮膚のたるみ、しわのこと。肛門皮垂、肛門スキンタッグとも呼ばれます。 多くは、進行した内痔核(ないじかく)が脱出した際に、脱出部が肛門の括約筋で締められ…

🇨🇰病気 ヒスタミン食中毒

魚肉中に含まれるヒスタミンによって引き起こされる食中毒 ヒスタミン食中毒とは、魚肉中に含まれるヒスタミンによって引き起こされる食中毒。アレルギー様食中毒の1つです。 不適切な温度管理や長期に渡る保存などにより鮮度の落ちた魚肉中では、もともと…

🇨🇷病気 ヒステリー球

食道には病変がないのに、食道の違和感などを覚える疾患 ヒステリー球とは、食道そのものに病変がなく正常にもかかわらず、食道の違和感や胸痛など覚える疾患。食道神経症とも呼ばれます。 症状は、食道にヒステリー球と呼ばれる異物が存在している感じ、食…

🇭🇷病気 ヒステリー性混迷

突然、意識がはっきりせず、もうろうとした状態になる体の機能障害 ヒステリー性混迷とは、突然、意識がはっきりせず、もうろうとした状態になる体の機能障害。解離性障害の一種であり、解離性混迷と呼ばれることもあります。 過去に虐待にあったり、心がひ…

🇭🇷病気 ヒステリー性失声症

ヒステリー性失声症とは、心因的なストレスが原因となって、声が出ない、話せない、声が出てもかすれ声や、しわがれ声になってしまう病気です。心因性失声症とも呼ばれています。30歳以上の女性に多くみられ、突然、声が出なくなるため、周囲の人たちも驚き…

🇨🇺病気 鼻せつ

鼻の穴の入口付近に細菌感染が生じ、うみがたまった状態 鼻せつとは、鼻の穴の入口付近の鼻前庭と呼ばれる部位に、細菌感染が生じ、うみがたまった状態。 不衛生な手で鼻先をこすったり、指先で鼻の穴をほじったり、鼻毛を抜いて鼻前庭の部分に傷を作ったり…