健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(は)

◼︎病気 剥脱性口唇炎 

唇の皮が繰り返して、はがれ続ける疾患 剥脱(はくだつ)性口唇炎とは、唇が乾燥して皮がめくれたり、はがれたり、赤くなったり、ひび割れたり、かさぶたがみられたりする疾患。難治性で、症状が繰り返し出現し、治るまでに時間がかかることも少なくありませ…

🇪🇪病気 パーキンソン病

■手足や体の震えと硬直■ パーキンソン病の主な症状は、両手足の震えと筋肉の硬直です。1817年、イギリスの病理学者であるジェームス・パーキンソンによって見いだされた進行性の病気で、以前は「振戦(しんせん)まひ」と呼ばれていました。 神経系統のうち…

🇦🇺病気 バージャー病

手足の指の動脈が詰まって、指が腐ってくる疾患 バージャー病とは、手足の爪(つめ)の周りや指の間に、治りにくい傷ができて、ひどくなると足の指が腐ってくる疾患。1900年に最初に報告者したアメリカ人の名前からバージャー病と呼ばれていますが、特発性脱…

🇫🇰病気 パーソナリティー障害

人格の著しい偏りで社会生活に支障 パーソナリティー障害(人格障害)とは、精神医学の領域において、生来持っている人格傾向が思春期、青年期に顕著に出てきて、その人格の著しい偏りのために、社会生活を営むことに支障を伴う状態を指します。 物事の認識…

🇫🇴病気 ハートナップ病

発疹、発作に加え、脳の異常を引き起こす遺伝性の疾患 ハートナップ病とは、トリプトファンなど特定のアミノ酸が腸から十分に吸収されず、さらに腎臓がうまく再吸収できないことが原因で、皮膚の発疹(はっしん)や発作、脳の異常を引き起こす疾患。 まれな…

🇫🇯病気 ハイアーチ

足の甲が極端に高く、起立時や歩行時に土踏まずの部分が地面に接しない状態の足 ハイアーチとは、足の甲が極端に高く、起立時や歩行時に土踏まずの部分が地面に接しない状態の足。凹足と呼ばれたり、足の甲が高く盛り上がっていることから甲高と呼ばれること…

🇫🇮病気 肺炎

肺炎の分類 肺炎とは、主に細菌やウイルスなどの病原体が肺に入り、酸素と炭酸ガスの交換を行う肺胞や肺間質など、肺の奥の領域に炎症が起きる疾患をいいます。 一口に肺炎といっても、そのタイプはさまざまです。罹患(りかん)場所によっては、ふだん健康…

🇫🇷病気 肺過誤腫

肺にできる良性腫瘍の一つ 肺過誤腫(はいかごしゅ)とは、肺にできる良性腫瘍(しゅよう)の一つ。 肺にできる良性腫瘍にはさまざまな種類がありますが、過誤腫は最も頻度が高く、約半数を占めます。そのほかの良性腫瘍には、硬化性血管腫、軟骨腫、脂肪腫…

🇬🇫病気 肺カルチノイド

カルチノイドという、がんに似た性質を持つ悪性腫瘍が肺に発生した疾患 肺カルチノイドとは、カルチノイドという、がんに似た性質を持つ悪性腫瘍(しゅよう)が肺に発生した疾患。 カルチノイドは、がんの意味であるカルチと、類を意味するノイドが組み合わ…

🇵🇫病気 肺がん

国内外で最も死亡者数が多い、がん 肺がんとは、肺の粘膜を覆っている上皮性組織から発生する悪性腫瘍(しゅよう)です。悪性腫瘍、つまりがんとは、無限に増殖、増大して体のあちこちに転移し、正常な細胞やその働きを破壊して、人間を死に至らしめる腫瘍の…

🇬🇦病気 肺カンジダ症

カンジダ菌の感染によって肺炎を起こす疾患 肺カンジダ症とは、真菌(かび)の一種のカンジダ菌の感染によって肺炎を起こす疾患。真菌類が感染して起こる肺真菌症の一つに数えられます。 カンジダ菌は本来、人間の口腔(こうくう)、消化管、陰部などに常在…

🇬🇦病気 肺気腫

肺胞が破壊されて、呼吸困難を生じる疾患 肺気腫(はいきしゅ)とは、肺の組織が破壊されて機能低下を起こし、呼吸困難を生じる疾患。慢性気管支炎と合わせて慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)と呼ばれ、気道閉塞がみられる疾患群の一つとして、今後…

🇬🇲病気 肺吸虫症

肺吸虫の寄生によって引き起こされる寄生虫病 肺吸虫症とは、肺吸虫の幼虫が人体に入って肺やその周辺に寄生するために、引き起こされる寄生虫病。 この肺吸虫症の主な流行地域は極東で、日本、朝鮮半島、台湾、中国の山岳地帯、およびフィリピンで発生して…

🇬🇪病気 敗血症

血液中に細菌が入り込み、全身症状を引き起こす 敗血症とは、肺炎や腹膜炎など生体のある部分に感染を起こしている場所から、血液中に細菌が流れ込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群。現在のように抗菌薬が発展する前までは、致命的な病態でした。 もと…

🇬🇪病気 肺高血圧症

心臓から肺に向かう肺動脈の血圧が高くなる疾患 肺高血圧症とは、心臓から肺に向かう肺動脈の血圧が高くなる疾患。比較的まれな疾患ですが、年齢に関係なく起こり得る複雑な疾患です。 酸素の少ない血液が右側の心臓の右心房へ戻ってきて、右心室を通って肺…

🇸🇻病気 肺好酸球浸潤症候群

白血球の一種である好酸球が肺に浸潤する肺疾患の総称 肺好酸球浸潤症候群とは、白血球の一種である好酸球が肺の中に浸潤する肺疾患の総称。好酸球肺浸潤症候群とも呼ばれます。 好酸球は免疫にかかわる白血球の一種で、ある種の寄生虫に対して体を守る免疫…

🇩🇪病気 肺真菌症

肺の中に真菌が増殖し、せき、たんがみられる疾患 肺真菌症とは、肺の中に真菌(かび)類が感染して起こる疾患。肺炎に似た症状が強く現れます。 真菌には、健康な人の体内に常にいるものや、外部から体内に入ってくるものなど、さまざまな種類があります。…

🇩🇪病気 肺水腫

血液の成分が肺胞内に染み出し、異常にたまった状態 肺水腫(すいしゅ)とは、血液の成分、主に血漿(けっしょう)が血管内から肺胞内に染み出し、異常にたまる疾患。肺胞内で血液の成分がたまると、肺のガス交換が障害されて低酸素血症となり、呼吸困難が現…

🇬🇭病気 肺性心

肺の疾患の影響で、心臓に病変が起こるもの 肺性心とは、肺に疾患があるために、心不全などを起こしたもの。肺性心疾患とも呼びます。 肺と心臓は非常に密接な関係にあり、片方に異常が起きたり、疾患があると、その影響を受けて、もう片方にも病変が起こり…

🇬🇭病気 肺線維症

肺胞の回りの壁の部分に炎症が起こって、線維化する疾患 肺線維症とは、肺胞と肺胞の間にある壁で、肺胞上皮細胞、肺毛細血管、結合組織などからなる間質に炎症が起こり、炎症組織が線維化する疾患。 線維化する前の間質に炎症が起こった状態は、間質性肺炎…

🇬🇮病気 肺塞栓、肺梗塞

血栓などによって肺の動脈が詰まったり、肺組織が壊死する疾患 肺塞栓(そくせん)とは、血液によって運ばれた血栓などによって、心臓から肺へ血液を運ぶ肺動脈が詰まった状態。肺梗塞(こうそく)とは、塞栓ができたために血液の流れが遮断され、その先の肺…

🇨🇾病気 肺動脈狭窄症

右心室から肺動脈への通路が狭い先天性心臓病 肺動脈狭窄(きょうさく)症とは、右心室から肺動脈へと通じる通路が狭い状態の疾患。比較的多く、先天性心臓病の約10パーセント近くを占めています。 この疾患には、弁性狭窄と漏斗(円錐〔えんすい〕)部狭窄…

🇬🇮病気 肺動脈性肺高血圧症

心臓から肺に血液を送る肺動脈の血圧が異常に上昇する疾患 肺動脈性肺高血圧症とは、心臓から肺に血液を送る血管である肺動脈の血圧が異常に上昇する疾患。いろいろな原因によって肺動脈の血圧が高くなる肺高血圧症の一種です。 酸素の少ない血液が右側の心…

🇬🇷病気 排尿困難

円滑な尿排出が障害され、排尿開始まで時間がかかったり、排尿終了に時間がかかったりする状態 排尿困難とは、円滑な尿の排出が障害され、尿が出にくい状態。尿意があるのにトイレにいってもなかなか尿が出ず、排尿開始まで時間がかかり、あるいは尿の出が悪…

🇬🇷病気 排尿痛

尿路の炎症や結石、腫瘍が原因となって、排尿の際に痛みを感じる状態 排尿痛とは、排尿の際に痛みを感じる状態。腎臓(じんぞう)、膀胱(ぼうこう)、尿道などの尿路の細菌感染による炎症、結石、腫瘍(しゅよう)が主な原因となります。 排尿の際のどの段…

🇫🇴病気 肺嚢胞症

肺の中に空気や液体を含む空間が発生 肺嚢胞(のうほう)症とは、肺の中に、空気や液体を含む空間である嚢胞ができる疾患。嚢胞の数は、1つから複数の場合まであります。 先天性と後天性があり、多くは後天性です。 先天性肺嚢胞症は、肺嚢胞が生まれ付きで…

🇬🇱病気 肺膿瘍

細菌が感染することで肺の組織が壊れ、うみがたまる疾患 肺膿瘍(のうよう)とは、細菌が感染することで肺の一部が化膿して、組織が壊れて、うみがたまる疾患。普通は、片方の肺のみに発症します。 肺炎にかかった人のうち、抵抗力が弱い人に起こったり、肺…

🇨🇽病気 ハイパートロフィー

爪の甲の表面の中央部分が肥大化し、極端に盛り上がる状態 ハイパートロフィーとは、爪(つめ)の甲の表面の中央部分が肥大化し、極端に盛り上がる状態。巨爪(きょそう)症、爪肥厚症、オニキクシスとも呼ばれます。 爪の甲は先端に向かって押し進むように…

🇦🇸病気 排便障害

何らかの原因により排便が困難になったり、意図しない排便が起こる障害 排便障害とは、何らかの原因により排便が困難になったり、意図しない排便が起こる障害。便秘と便失禁に大きく分けられます。 便秘は通常、排便回数が少なく、3日に1回未満、週2回未…

🇬🇱病気 肺MAC症

結核菌以外の抗酸菌であるMAC菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる疾患 肺MAC(まっく)症とは、結核菌の仲間の抗酸菌の一つであるMAC菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる呼吸器感染症。非結核性抗酸菌症と呼ばれる呼吸器感染症…