健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(に)

◼︎病気 日光口唇炎

日光照射が原因で生じる日光角化症が口唇に生じたもの 日光口唇炎とは、長い年月にわたって日光に当たったことが原因で生じる口唇炎の一種。光線性口唇炎、慢性日光口唇炎とも呼ばれます。 太陽の光線である日光に含まれる紫外線を受けやすい顔面、耳、前腕…

◼︎病気 肉芽腫性口唇炎

唇が全体的にはれ上がり、再発の繰り返しもある疾患 肉芽腫(にくげしゅ)性口唇炎とは、唇が全体的にはれ上がる特徴的な変化を示す疾患。 痛みを伴うことはありませんが、再発を繰り返すことも少なくありません。また、この肉芽腫性口唇炎では、舌の表面に…

🇮🇲病気 二陰茎体

男児が2本の陰茎を持って生まれる先天性疾患 二陰茎体とは、男児が2本の陰茎を持って生まれる先天性疾患。陰茎重複症とも呼ばれます。 極めてまれな先天性障害であり、最古の記録は、1609年にスイス人医師のヨハネス・ヤコブ・ウェッカーが残した「イタリ…

🇮🇲病気 Ⅱa型高リポ蛋白血症

遺伝によって高リポ蛋白血症を発症する疾患 Ⅱa型高リポ蛋白(たんぱく)血症とは、遺伝によって、血液の中を流れる脂質成分であるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が異常に増え、高リポ蛋白血症(高脂血症)を発症する疾患。家族性高コレステロ…

🇮🇲病気 にきび

皮膚の炎症性疾患で、思春期の生理的な現象 にきびとは、過剰な皮脂分泌により、額やほお、あご、胸、背中などに現れる皮膚の炎症性疾患。医学的には、尋常性痤瘡(ざそう)として知られています。 男性ホルモンの影響によって、思春期にできやすくなります…

🇮🇱病気 肉芽腫性鼓膜炎

外耳と中耳の境界にある鼓膜に、肉芽やびらんが生じる慢性の炎症疾患 肉芽腫(にくげしゅ)性鼓膜炎とは、外耳と中耳の境界である鼓膜の薄い膜の外側表面に炎症が起き、肉芽やびらんの生じる慢性疾患。 鼓膜は、耳に入ってくる音を振動に変換し、耳小骨経由…

🇮🇱病気 肉離れ

肉離れとは、瞬間的に筋肉の繊維や膜が伸ばされて、断裂が生じた状態です。運動中に筋肉に急激に強い力がかかった時や、足をすべらせるなど予期しない動きをした時に生じ、起こりやすいのはふくらはぎや太もも。 ダッシュやジャンプなどの動作の多い短距離走…

🇩🇰病気 ニコチン酸欠乏症

不規則な食事をするアルコール多飲者に発症 ニコチン酸欠乏症とは、ビタミンBの一つであるニコチン酸が欠乏することにより、皮膚炎、下痢、精神錯乱などを起こす疾患。ナイアシン欠乏症とも呼ばれ、とうもろこしを主食とする中南米などの地域ではペラグラと…

🇮🇱病気 ニコチン性口内炎

長期間の喫煙により口腔粘膜、とりわけ口蓋粘膜が厚く、硬くなる病変 ニコチン性口内炎とは、喫煙により口腔(こうくう)粘膜、とりわけ上側の部分の口蓋(こうがい)粘膜が厚く、硬くなる病変。喫煙者口蓋とも、口蓋ニコチン性白色角化症とも呼ばれます。 …

🇮🇱病気 二次性アルドステロン症

ほかの臓器の疾患などの原因により、副腎皮質からアルドステロンが過剰に分泌されて起こる疾患 二次性アルドステロン症とは、ほかの臓器の疾患など何かしらの原因により副腎(ふくじん)皮質が刺激を受けることで、副腎皮質ホルモンの一つであるアルドステロ…

🇮🇱病気 二次性血小板減少症

いろいろな基礎疾患とともに、血小板の数が減少し、血が止まりにくくなる病態 二次性血小板減少症とは、いろいろな基礎疾患とともに、血小板の数が血液1マイクロリットル中に10万個以下になり、血が止まりにくくなる病態。続発性血小板減少症、症候性血小板…

🇮🇹病気 二次性高血圧

何らかの特定される疾患があって、その症状の1つとして起こる高血圧 二次性高血圧とは、何らかの特定される疾患があって、その症状の1つとして起こる高血圧。続発性高血圧ともいいます。 原因となる疾患にもよりますが、治せる高血圧ということもできます…

🇮🇹病気 二次性サルコペニア

不活動、低栄養、疾患が原因で、筋肉量が減少し、筋力または身体能力が低下した状態 二次性サルコペニアとは、不活動、低栄養、疾患が原因で、筋肉量が減少し、筋力または身体能力が低下した状態。 筋肉量が減少し、筋力または身体能力が低下した状態がサル…

🇮🇹病気 二次性脂質異常症

生活習慣、疾患、薬剤の副作用などが原因で起こる脂質異常症 二次性脂質異常症とは、体質の遺伝以外の原因で起こる脂質異常症(高脂血症)。続発性脂質異常症、二次性高脂血症とも呼ばれます。 脂質異常症では、血液の中を流れる脂質成分である総コレステロ…

🇨🇮病気 二次性赤血球増加症

貧血とは逆に、何らかの原因に反応して血液中の赤血球が増加する疾患 二次性赤血球増加症とは、貧血とは逆に、何らかの原因に反応して血液中の赤血球総数が正常範囲を超えて増加する状態。 血液中の赤血球の増加は、腎臓(じんぞう)で産生される造血ホルモ…

🇨🇮病気 二次性肥満

何らかの疾患や薬物の影響を受けて起こる肥満 二次性肥満とは、何らかの疾患や薬物の影響を受けて起こるタイプの肥満。症候性肥満、随伴性肥満とも呼ばれます。 一方、原因となる特別の疾患がなくて起こるタイプの肥満は、原発性肥満、あるいは単純性肥満と…

🇨🇮病気 二次性貧血

造血器以外の疾患の症状として、二次性にみられる貧血 二次性貧血とは、造血器疾患以外の他の疾患の症状として、二次性にみられる貧血。続発性貧血、症候性貧血と呼ばれることもあります。 主な原因としては、慢性感染症、膠原(こうげん)病などの慢性炎症…

🇨🇮病気 21トリソミー症候群

染色体の異常により、体と精神の発達が遅れる疾患 21トリソミー症候群とは、21番目の染色体が1本多い、3本あることが原因で引き起こされる重度の先天性障害。21トリソミー、ダウン症候群、ダウン症とも呼ばれます。 人間の体は、父親と母親からもらった遺…

🇯🇲病気 偽近視

目の疲労によって、一時的に近視と同じ症状を生じる状態 偽近視(にせきんし、ぎきんし)とは、目の中の毛様体筋の持続的緊張が起こり、近視と同じ症状を生じるに至った状態。仮性近視、調節緊張性近視とも呼ばれ、近視に含めない考えで単に調節緊張とも呼ば…

🇯🇵病気 日光角化症

長期間、紫外線を受けて起こる前がん性の皮膚変化 日光角化症は、長い年月に渡って日光紫外線を受けたことが原因で起こる前がん性の皮膚変化。老人性角化腫(しゅ)とも呼ばれます。 日光紫外線を受けやすい顔面、耳、前腕、手の甲の皮膚に好発します。直射…

🇯🇵病気 日光過敏症

普通量の日光に当たっただけで皮膚に異常が起こる反応 日光過敏症とは、普通の人では何でもない程度の日光の紫外線が当たっただけで、皮膚に異常が引き起こされる免疫システムの反応。光線過敏症とも、日光アレルギーとも呼ばれています。 外部から起こる外…

🇯🇲病気 Ⅱb型高リポ蛋白血症

体質の遺伝により、思春期以降に高リポ蛋白血症が出現しやすい疾患 Ⅱb型高リポ蛋白(たんぱく)血症とは、血液中の総コレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)の両方がかなり高値となる疾患。家族性複合型高脂血症、家族性複合型脂質異常症とも呼ばれ…

🇯🇲病気 二分膝蓋骨

正常では1つの骨である膝蓋骨が、先天的に2つ以上に分かれている状態 二分膝蓋骨(にぶんしつがいこつ)とは、正常では1つの骨である膝蓋骨が先天的に2つ以上に分かれている状態。分裂膝蓋骨とも呼ばれます。 膝(ひざ)の皿に相当する膝蓋骨は、下肢の…

🇯🇪病気 二分脊椎

先天的に脊椎骨が形成不全となって起きる神経管閉鎖障害 二分脊椎(にぶんせきつい)とは、先天的に脊椎骨(椎骨)が形成不全となって起きる神経管閉鎖障害の一つ。脊椎披裂とも呼ばれます。 日本国内での発症率は、1万人に5人から6人と見なされています…

🇯🇪病気 二分頭蓋

先天的な発育不全により、頭蓋骨半球、大脳半球が形成不全を起こす奇形症 二分頭蓋(にぶんとうがい)とは、母胎内で、脳や脊髄(せきずい)などの中枢神経系のもとになる神経管が作られる過程で、神経管の上部に閉鎖障害が発生し、頭蓋骨半球、大脳半球が形…

🇯🇪病気 二分裂乳頭

乳輪の中にある乳頭が2つに分裂している状態 二分裂乳頭とは、乳房の先にある乳頭が生まれ付き2つに分裂している状態を指す症状。分裂乳頭、分裂乳首とも呼ばれます。 乳輪の内部に、乳頭が2つ並んでおり、2つがほぼ同じくらいの大きさの場合や、大きさ…

🇯🇴病気 日本紅斑熱

日本紅斑熱リケッチアを保有するマダニに刺されることによって、引き起こされる感染症 日本紅斑熱(こうはんねつ)とは、細菌の一種である日本紅斑熱リケッチア(リケッチア・ジャポニカ)を保有するマダニ類に刺されることによって、引き起こされる感染症。…

🇯🇵病気 日本住血吸虫症

日本住血吸虫が感染して引き起こされる寄生虫病 日本住血吸虫症とは、吸盤を持った日本住血吸虫が門脈という血管の中に生息することによって、引き起こされる寄生虫病。 この日本住血吸虫という名前は、日本での研究が盛んだっことに由来していて、世界で唯…

🇬🇲病気 日本脳炎

蚊に媒介され、日本脳炎ウイルスによって起こる感染症 日本脳炎とは、主にコガタアカイエカによって媒介され、日本脳炎ウイルスによって起こるウイルス感染症。重篤な脳炎、髄膜炎症状を呈します。 日本脳炎ウイルスは、フラビウイルス科に属するウイルスで…

🇯🇪病気 二枚爪

爪の甲の先端の部分が、薄く層状にはがれたり、割れたりしていく状態 二枚爪(にまいづめ)とは、爪の甲の先端部分が薄く層状にはがれたり、割れたりしていく状態。爪甲(そうこう)層状分裂症とも呼ばれ、爪甲剥離(はくり)症の一種に分類されています。 …