健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(つ)

🇳🇦病気 椎間板ヘルニア

椎間板の一部がずれて、神経を圧迫する疾患 椎間板(ついかんばん)ヘルニアとは、椎間板の一部がずれて起こる疾患。椎間板とは、脊柱(せきちゅう)の椎体と椎体の間にある円板状の軟骨組織で、骨に対するクッションの役割を果たしています。 椎間板ヘルニ…

🇳🇷病気 椎間板変性症、変形性脊椎症

長年の使用による椎間板の変性と変形 椎間板(ついかんばん)変性症とは、椎骨をつないでいる椎間板に老化など何らかの変性が生じ、組織の構造や成分が変化したために起こってくる疾患。軟骨である椎間板が変性すると、次第に厚さが薄くなり、椎間が狭くなり…

🇳🇷病気 椎骨動脈解離

首の左右を通る椎骨動脈の壁の一部が裂けて、血流が動脈の壁の中に入る疾患 椎骨(ついこつ)動脈解離とは、首の左右を通って脳に血液を送っている椎骨動脈の壁の一部が裂けて、血流が壁の中に入る疾患。 動脈の壁は内膜、中膜、外膜の三層構造から成り立っ…

🇳🇵病気 通年性アレルギー性鼻炎

季節を問わず1年中、鼻詰まりなどの症状が現れやすい鼻炎 通年性アレルギー性鼻炎とは、季節に関係なく、年間を通じて起こりやすい鼻炎。 アレルギー性鼻炎は、季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎の2種類に分かれています。季節性アレルギー…

🇳🇵病気 痛風

痛風とは、血液中の尿酸量が高い値を示す高尿酸血症が原因となって、関節が痛む発作症状です。「風が吹いても痛い」といわれるほど、激しい痛みを感じます。 圧倒的に中年以後の男性に多く、約70パーセントの確率で、足の親指の付け根の関節に痛みが起こりま…

🇳🇱病気 痛風腎

尿酸の結晶が腎臓に沈着することで発症する腎臓病 痛風腎(つうふうじん)とは、尿酸の結晶が腎臓に沈着することで発症する腎臓病。 血液中の尿酸の量が高い値を示す高尿酸血症や、高尿酸血症が原因となって関節が痛む痛風に合併して、痛風腎は起きます。 尿…

🇳🇱病気 疲れ目

目の症状と全身症状が出現した状態 疲れ目とは、いわゆる眼精疲労のこと。読書や自動車の運転などのように目を持続的に使った際に、目の疲労感、重圧感など目の症状だけでなく、疲労、頭痛、肩凝り、吐き気、倦怠(けんたい)感、いらいら、めまいなどの全身…

🇳🇱病気 突き指

指先から縦軸方向に力が加わって、手足の指に起こるさまざまな外傷の総称 突き指とは、指先から縦軸方向に力が加わって、指の関節周辺に起こるさまざまな外傷の総称。手の指だけでなく、足の指でも起こり得ます。 多くのスポーツ種目で発生し、 野球、バレー…

🇯🇵病気 ツツガムシ病

ダニ類のツツガムシの幼虫に刺され、引き起こされる感染症 ツツガムシ病とは、細菌のリケッチアを保有するダニ類のツツガムシの幼虫に刺されることによって、引き起こされる感染症。症状は、リケッチアを保有するマダニに刺されることによって感染する日本紅…

🇳🇨病気 爪かみ

爪の甲のかみすぎにより、形が変形する状態 爪(つめ)かみとは、爪の甲のかみすぎにより、形が変形する状態。爪かみ癖、かみ爪、咬爪(こうそう)症とも呼ばれます。 自分の爪をかむ行為は、実は子供にとっては特殊なことではありません。4、5歳から10歳…

🇳🇿病気 爪乾癬

皮膚疾患である乾癬の症状が爪の表面に現れ、爪が白濁、肥厚する状態 爪乾癬(つめかんせん)とは、慢性の経過をとり治りにくい皮膚疾患である乾癬の症状が爪の表面に現れた状態。 爪の水虫(爪白癬〔はくせん〕)と似た症状が現れ、爪の甲が変形して白く厚…

🇨🇨病気 爪白癬

水虫が爪に発生し、爪が白濁、肥厚 爪白癬(つめはくせん、そうはくせん)とは、いわゆる水虫、足白癬や手白癬が爪に発生したもの。爪が白く濁り、爪の下が厚く、硬くなります。 白癬とは、皮膚糸状菌が皮膚に感染して起こる疾患。皮膚糸状菌の多くは白癬菌…

🇩🇴病気 爪メラノーマ

メラニンを作り出す爪部のメラニン細胞から発生するがん 爪(つめ)メラノーマとは、メラニンを作り出す爪部(そうぶ)のメラニン細胞(メラノサイト、皮膚細胞)から発生するがん。爪部悪性黒色腫(しゅ)、爪下悪性黒色腫とも呼ばれます。 メラニン細胞は…

🇳🇿病気 ツラレミア

野ウサギ、リスなどとの接触で引き起こされる感染病 ツラレミアとは、グラム陰性菌の野兎(やと)病菌によって引き起こされる感染症。日本では野ウサギとの接触で感染することが多いために野兎病とも名付けられていて、大原病とも呼ばれます。 世界的には北…