健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(ち)

◼︎病気 地図状舌

舌の表面部分に淡紅色の地図状の模様が生じる状態 地図状舌(ちずじょうぜつ)とは、外から見える舌の表面部分である舌背部(ぜっぱいぶ)に、淡紅色の地図のような1ミリから3ミリの模様が生じる状態。良性移動性舌炎、良性遊走性舌炎、遊走輪、遊走疹(し…

🇳🇿病気 知覚異常性大腿痛

大腿の感覚をつかさどる神経が傷害されて、痛みなどが生じる神経痛の一つ 知覚異常性大腿痛(だいたいつう)とは、大腿の前面と外側の感覚をつかさどる外側大腿皮(がいそくだいたいひ)神経が傷害されて、痛みなどが生じる神経痛の一つ。外側大腿皮神経痛、…

🇳🇿病気 近目

遠くがはっきり見えず、近くがよく見える目の状態 近目(ちかめ)とは、遠方からの平行光線が網膜よりも前で像を結ぶために、遠くの物がはっきり見えず、近くの物がよく見える状態。近目は俗語で、医学用語としては近視を使うほか、近眼(きんがん)、近視眼…

🇳🇮病気 蓄膿症

蓄膿(ちくのう)症とは普通、慢性の副鼻腔(ふくびくう)炎のことをいいます。鼻腔の周りの骨の中にある大小の空洞が副鼻腔で、ここに炎症が起こり、うみがたまる病気が、慢性、あるいは急性の副鼻腔炎です。 蓄膿症は、風邪などによって一時的に起こる急性…

🇳🇮病気 恥骨結合炎

左右2つの恥骨が骨盤の前方で結合している部分に、損傷が起こって炎症化する障害 恥骨結合炎とは、左右2つの恥骨が骨盤の前方で結合している部分に、損傷が起こって炎症化する障害。スポーツ活動などによる骨盤を左右にずらす動きにより、発生することが多…

🇳🇮病気 恥骨疲労骨折

スポーツ活動などで、小さい負荷が繰り返し骨盤に加わった場合に、骨盤の一部である左右2つの恥骨に生じる骨折 恥骨疲労骨折とは、正常な骨に通常は骨折を起こさない程度の負荷が、スポーツ活動などで繰り返し骨盤に加わった場合に、骨盤の一部である左右2…

🇳🇮病気 致死性不整脈

放置すると短時間で意識を失い、突然死に至る危険もある不整脈 致死性不整脈とは、放置したままでいると短時間で意識消失から突然死に至る危険性が高く、緊急な治療を必要とする不整脈。心臓の拍動が異常に速くなる頻脈性不整脈のうち、心室頻拍や心室細動が…

🇳🇮病気 膣委縮症

閉経後に女性ホルモンのレベルが低下し、膣粘膜の内層が委縮して薄くなる状態 膣(ちつ)委縮症とは、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが閉経後に低下し、膣壁が委縮して薄くなり、弾力性を失う状態。閉経後膣委縮症とも呼ばれます。 生理が止…

🇮🇲病気 膣炎

女性生殖器系の器官である腟に、主に細菌が感染して炎症が起こる疾患 膣炎(ちつえん)とは、女性生殖器系の器官である腟に、主に細菌が感染して炎症が起こる疾患。 腟は、骨盤内にあって子宮と体外とをつなぐ管状の器官で、伸び縮みできる構造をしています…

🇳🇪病気 膣がん

膣の入り口の内側に発生する、まれながん 膣(ちつ)がんとは、膣の入り口の内側に発生するがん。膣の入り口の外側に発生すれば、外陰がんとなります。 腟は子宮頸部(けいぶ)と外陰をつなぐ筒状の組織で、長さ10~15 センチ、出産時には産道となります。腟…

🇮🇲病気 腟カンジダ症

真菌類のカンジダの感染によって起こり、激しいかゆみ、下り物の異常がある疾患 腟(ちつ)カンジダ症とは、カンジダと呼ばれる真菌(かび)の一種の増殖によって起こり、激しいかゆみ、下り物の異常が特徴となる疾患。カンジダ腟炎とも呼ばれます。 カンジ…

🇳🇪病気 膣乾燥症

温かく、湿っている膣の中が乾燥し、潤いを欠く状態 膣(ちつ)乾燥症とは、女性生殖器系の器官である膣の中が乾燥し、潤いを欠く状態。 膣は、骨盤内にあって子宮と体外とをつなぐ管状の器官で、伸び縮みできる構造をしています。膣の前方には膀胱(ぼうこ…

🇳🇬病気 膣狭窄症

女性性管の膣が狭窄を来した状態 膣狭窄(ちつきょうさく)症とは、先天性あるいは炎症や外傷などによって、女性性管の膣が狭窄を来した状態。 膣狭窄症には、胎児期におけるミュラー管という組織の発生障害によって生じる先天性のものと、小児期のジフテリ…

🇳🇬病気 腟けいれん

腟口や腟周囲の筋肉が不随意にけいれん、収縮を起こし、性交ができなくなったりする状態 腟(ちつ)けいれんとは、女性の腟口や腟周囲の筋肉が不随意にけいれん、収縮を起こし、性交時に痛みを感じたり性交ができなくなったりする状態。単に腟けいとも呼ばれ…

🇳🇺病気 チック症

不随意に急速な運動や発声が起きる疾患 チック症とは、チックという一種の癖のようなものが固定、慢性化した疾患。心身症ないし神経症レベルのチック症や、チック症の重症型といわれる慢性多発性のトゥレット症候群は、学童期、思春期の子供に比較的多くみら…

🇪🇬病気 腟欠損症

先天的に女性の腟の一部または全部が欠損した状態 腟(ちつ)欠損症とは、先天的に女性の腟の一部、または全部が欠損した状態。 この腟欠損症の女性では、先天的な原因により腟や子宮の異常がさまざまな程度に起こります。染色体は正常女性型で、卵巣はほと…

🇪🇬病気 腟中隔

先天的に、女性性管の腟に縦方向の隔壁が残った状態 腟中隔とは、先天的に女性性管の腟の中央に、縦方向の隔壁が残った状態。腟縦中隔とも呼ばれます。 母親の子宮の中にいる胎児の時には、卵巣、子宮・腟・卵管、外陰部は別々に発生してきて、本来はこれら…

🇳🇺病気 膣トリコモナス感染症

トリコモナス原虫の繁殖によって、腟や尿道に起こる性感染症 膣(ちつ)トリコモナス感染症とは、トリコモナス原虫という単細胞生物の繁殖によって、腟や尿道に起こる性感染症。トリコモナス膣炎、トリコモナス症とも呼ばれます。 もともとの感染経路には不…

🇳🇫病気 膣閉鎖症

女性性管の膣が閉鎖、あるいは狭窄を来した状態 膣(ちつ)閉鎖症とは、先天性あるいは炎症や外傷などによって、女性性管の膣が閉鎖あるいは狭窄(きょうさく)を来した状態。 先天性のものは、胎児期における腟の発生段階の形成異常で、一部が損なわれた状…

🇲🇵病気 腟壁裂傷

性交時や分娩時に、腟壁の裂傷を生じて出血する状態 腟壁(ちつへき)裂傷とは、無理な力が加わった時に女性の腟壁が裂けて出血する状態。性交による腟壁裂傷と、分娩(ぶんべん)時に発生する腟壁裂傷とがあります。 女性生殖器系の器官である腟は、骨盤内…

🇮🇳病気 知的障害

出生時や乳幼児期に知的能力が低下した状態 知的障害とは、知的能力の発達が全般的に遅れた水準にとどまっている状態で、発達障害の1つ。かつては、精神薄弱とか精神遅滞という言葉が使われていましたが、日本の法律用語、行政用語では、知的障害という表現…

🇰🇵病気 遅発月経

一般的な年齢より遅く、15歳以上18歳未満で初めての月経を迎える状態 遅発(ちぱつ)月経とは、一般的な開始年齢より遅れて、15歳以上18歳未満で初めての月経である初潮を迎える状態。晩発(ばんぱつ)月経とも呼ばれます。 月経は、ホルモン分泌の調整をす…

🇰🇵病気 遅発性尺骨神経まひ

原因となった損傷があってから、かなり遅れて尺骨神経まひを起こす疾患 遅発性尺骨神経まひとは、肘(ちゅう)関節周辺の損傷などの原因となった損傷があってから、かなり遅れて尺骨(しゃくこつ)神経まひを起こす疾患。 骨折、関節炎、先天的奇形、職業上…

🇪🇨病気 遅発性内リンパ水腫

片方の耳に重度の感音難聴が起こった後、長い年月を経てから回転性めまい発作や聴力低下を起こす疾患 遅発性内リンパ水腫(すいしゅ)とは、片方の耳に重度の感音難聴が起こった後、数年〜数十年以上の長い年月を経てから回転性めまい発作や聴力低下を起こし…

🇰🇵病気 遅発性扁平母斑

思春期前後になってから肩などに生じる褐色調のあざで、発毛を伴うことも 遅発性扁平母斑(へんぺいぼはん)とは、思春期前後になってから、肩や胸などに生じる比較的大きな褐色調のあざ。 ベッカー母斑とも呼ばれます。 いわゆる茶あざの一種で、先天的もし…

🇳🇴病気 遅発閉経

一般的な停止年齢より遅れて、55歳以降になって閉経する状態 遅発(ちぱつ)閉経とは、女性が55歳以降になって閉経する状態。晩発(ばんぱつ)閉経とも呼ばれます。 閉経の年齢は個人によって異なりますが、一般的には45~56歳くらい、平均では2012年度で52…

🇳🇴病気 茶あざ

先天的もしくは後天的に、皮膚の表面に生じる褐色調の平らなあざ 茶あざとは、先天的もしくは後天的に、皮膚の表面に生じる褐色調の平らなあざ。 一般的に茶あざと呼ばれているものの大多数は扁平母斑(へんぺいぼはん)ですが、類似するベッカー母斑なども…

🇳🇴病気 中咽頭がん

口を開ければ見える扁桃や、その周辺に発生する咽頭がん 中咽頭(ちゅういんとう)がんとは、口を開ければ見える扁桃(へんとう)や、その周辺の舌の付け根などに発生するするがん。ほとんどは、中咽頭の表面を覆っている薄く平らな形をした偏平上皮細胞から…

🇳🇴病気 肘関節脱臼

肘の関節が外れ、肘関節を構成する骨同士の関節面が正しい位置関係を失った状態 肘関節脱臼(ちゅうかんせつだっきゅう)とは、外力が働くことによって、肘(ひじ)の関節を構成する骨同士の関節面が正しい位置関係を失った状態。いわゆる肘の関節が外れた状…

🇴🇲病気 虫刺症

虫に皮膚を刺されてできる傷 虫刺(ちゅうし)症とは、虫に皮膚を刺された時にできる傷であり、外傷の一つ。虫刺されとも呼ばれます。 傷は、ハチ、蚊、ノミ、ダニ、ブヨ、アリなどに刺されて、皮膚に注入される虫の唾液腺(だえきせん)物質に対するアレル…