健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(さ)

◼︎病気 サラセミア

正常なヘモグロビンを作ることができず、貧血を起こす疾患 サラセミアとは、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビン(血色素)の合成障害によって、貧血を来す疾患。地中海貧血とも呼ばれます。 血液にはさまざまな細胞が含まれ、骨の中心にある骨髄で作られ…

◼︎病気 サーモンパッチ

新生児に多くみられ、額の中央、上まぶたなど顔の中央に近い部分に現れるあざ サーモンパッチとは、額の中央、上まぶた、上唇、鼻背など顔の中央に近い部分に現れる、紅鮭(べにざけ)の赤身に似た淡紅色ないし暗赤色のあざ。正中部母斑(ぼはん)とも呼ばれ…

🇻🇳病気 サラセミア

正常なヘモグロビンを作ることができず、貧血を起こす疾患 サラセミアとは、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビン(血色素)の合成障害によって、貧血を来す疾患。地中海貧血とも呼ばれます。 血液にはさまざまな細胞が含まれ、骨の中心にある骨髄で作られ…

🇧🇭病気 サードハンドスモーク

たばこの煙がカーテンや衣服、髪などに吸着して残った有害物資を吸い込むこと サードハンドスモークとは、たばこの煙が室内の壁などに吸着して有害物質が残り、たばこを吸わない人が有害物資を吸い込むこと。三次喫煙、残留受動喫煙とも呼ばれます。 このサ…

🇧🇭病気 サーファーズイヤー

外耳道の深部の骨部外耳道の骨が増殖して、隆起する疾患 サーファーズイヤーとは、耳の穴の入り口から鼓膜までの空洞である管腔(かんくう)、つまり外耳道(がいじどう)に長期間冷水刺激が加わることにより、骨部外耳道の骨が増殖して隆起が生じた疾患。外…

🇧🇭病気 サーモンパッチ

新生児に多くみられ、額の中央、上まぶたなど顔の中央に近い部分に現れるあざ サーモンパッチとは、額の中央、上まぶた、上唇、鼻背など顔の中央に近い部分に現れる、紅鮭(べにざけ)の赤身に似た淡紅色ないし暗赤色のあざ。正中部母斑(ぼはん)とも呼ばれ…

🇧🇭病気 臍炎

新生児のへそに細菌が感染し、周囲にも炎症が及んだ状態 臍炎(さいえん)とは、新生児の臍帯(へその緒)が取れたくぼみの部分に細菌感染が起こり、へそやへその周囲に炎症が及んだ状態。 出生時に母胎と切り離された新生児の臍帯は、生後1週間〜10日で乾…

🇧🇩病気 細菌性角膜炎

目の角膜に細菌が感染して、強い炎症を起こす疾患 細菌性角膜炎とは、目の角膜に細菌が感染して、強い炎症を起こす疾患。 角膜は、黒目の表面を覆う透明な無血管組織で、4つの異なった層からなっています。外界の光が目の中に入る入り口となるとともに、目…

🇧🇩病気 細菌性眼内炎

細菌が目の中に入り、眼球の内部が炎症を起こす感染症 細菌性眼内炎とは、何らかの原因で細菌が目の中に入り、眼球の内部が炎症を起こす感染症。 細菌が手術の切開部や眼球のけがから侵入する外因性のものと、体のほかの部分に感染していた細菌が血流に乗っ…

🇧🇩病気 細菌性急性胃腸炎

消化管への細菌感染により、腹痛、発熱、血便などが現れる疾患の総称 細菌性急性胃腸炎とは、消化管への細菌感染により、腹痛、発熱、血便などが現れる疾患の総称。 いわゆる食中毒の形をとることも多く、犬や猫などのペットからの感染もあります。カンピロ…

🇧🇧病気 細菌性結膜炎

白目の一番表面の粘膜である結膜に、細菌が原因で炎症が起こる疾患 細菌性結膜炎とは、白目の一番表面の粘膜である結膜に、細菌が原因で炎症が起こる疾患。 結膜は、上下のまぶたの裏側と、眼球の表面から黒目の周囲までを覆っている、薄い粘膜の部分を指し…

🇧🇧病気 細菌性下痢症

消化管に感染する細菌によって、下痢を生じる疾患の総称 細菌性下痢症とは、胃、小腸、大腸などの消化管に感染する細菌によって、下痢を生じる疾患の総称。細菌性腸炎、細菌性胃腸炎とも呼ばれます。 いわゆる食中毒の形をとることも多く、犬や猫などのペッ…

🇧🇾病気 細菌性赤痢

赤痢菌によって起こり、血便を生じる感染症 細菌性赤痢とは、赤痢菌によって引き起こされ、血便を生じる急性の感染症。世界中に広く分布する細菌感染症です。 赤痢菌には、志賀赤痢菌(ディゼンテリー菌)、フレキシネリ菌、ゾンネ菌、ボイド菌の4種があり…

🇧🇾病気 細菌性膣炎

女性生殖器系の器官である腟に、一般的な細菌が増殖して炎症が起こる疾患 細菌性膣炎(ちつえん)とは、女性生殖器系の器官である腟に、一般的な細菌が増殖して炎症が起こる疾患。非特異性膣炎とも呼ばれます。 腟は、骨盤内にあって子宮と体外とをつなぐ管…

🇧🇾病気 細菌性尿路感染症

小児の尿路に細菌が感染して、膀胱炎、腎盂腎炎などを起こす疾患 細菌性尿路感染症とは、小児の尿路の中に細菌が入り込んで感染し、炎症を起こす疾患。小児尿路感染症とも呼ばれます。 尿路は、腎盂(じんう)から尿管、膀胱(ぼうこう)へと続く尿の通り道…

🇧🇾病気 細菌性肺炎

さまざまな細菌が肺に入り、肺の奥の領域に炎症が起きる疾患 細菌性肺炎とは、一般細菌が肺に入り、酸素と炭酸ガスの交換を行う肺胞や肺間質など、肺の奥の領域に炎症が起きる疾患。実に多種類の細菌が関与します。 普通はまず、ウイルス感染が起きて、気道…

🇹🇩病気 再生不良性貧血

貧血の中で最も治りにくく、いわゆる難病に指定されている疾患 再生不良性貧血は、骨髄にある血液細胞の源に当たる造血幹細胞が何らかの原因によって減るために、赤血球、白血球、血小板のすべての血球が減る疾患。 貧血の中で最も治りにくいために、厚生労…

🇧🇾病気 臍帯ヘルニア

へその部分の腹壁が生まれ付き欠損し、腸管などが脱出 臍帯(さいたい)ヘルニアとは、生まれ付き欠損している、へその部分の腹壁から、腸などの腹腔(ふくくう)内臓器が体の外に脱出した状態。脱出した臓器は、羊膜、臍帯膠質(こうしつ)、腹膜の3層から…

🇧🇾病気 サイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルスによって起こり、さまざま症状を生じる感染症 サイトメガロウイルス感染症とは、ヒトヘルペスウイルスの仲間であるサイトメガロウイルス(CMV)に感染することによって、さまざまな症状を生じる疾患。 サイトメガロウイルスは世界中…

🇧🇾病気 再発性アフタ

口腔粘膜に円形、あるいは楕円形の浅い潰瘍ができるアフタ性口内炎が再発を繰り返す疾患 再発性アフタとは、単純にアフタとも呼ばれるアフタ性口内炎が再発を繰り返す疾患。再発性アフタ性口内炎、慢性再発性アフタとも呼ばれます。 アフタ性口内炎は、口腔…

🇧🇾病気 臍肉芽腫

新生児の臍帯が脱落して皮膚で覆われる前に、肉の塊が生じたもの 臍肉芽腫(さいにくげしゅ)とは、新生児の臍帯が乾いて脱落した跡に、豆状の肉の塊である肉芽が増殖したもの。 出生時に母胎と切り離された新生児の臍帯(へその緒)は、生後1週間〜10日で…

🇧🇾病気 臍ヘルニア

生後間もなくへその緒が取れた後、へそが飛び出してくる状態 臍(さい)ヘルニアとは、生後間もなくへその緒が取れた後に、へそが飛び出してくる状態。乳幼児期特有の疾患で、俗に出べそと呼ばれます。 へその緒(臍帯)が取れた生まれて間もない時期には、…

🇮🇲病気 鎖陰

先天的に、あるいは後天的に女性性管の一部が閉鎖した状態 鎖陰(さいん)とは、処女膜、腟(ちつ)、子宮などの女性性管の一部が閉鎖した状態。性器閉鎖症とも呼ばれます。 先天的に発生することが多いものの、後天的に外傷や炎症などのために起こることも…

🇧🇪病気 逆さまつげ

まつげが内側に向き、眼球表面に触れている状態 逆さまつげとは、本来は外向きに生えているまつげが内向きに生えて、眼球の表面に触れている状態。まつげが角膜を刺激するため、目やにや涙が多くなり、目が充血します。 目の縁に沿って生えているまつげは、…

🇧🇪病気 桜根母斑

褐青色の色素斑が顎の下や首の回りに現れる皮膚の疾患 桜根母斑(さくらねぼはん)とは、顎(あご)の下や首の回りに現れる、境界の不明瞭な褐青色の色素斑。 母斑は、皮膚の一部分に色調や形状の異常が現れる状態で、あざとも呼ばれています。ほくろ(黒子…

🇧🇪病気 鎖骨骨折

肩部の胸の左右に一対ずつある鎖骨に生じる骨折 鎖骨骨折とは、肩部の胸の左右に一対ずつある鎖骨に生じる骨折。 鎖骨は、体幹の骨である胸骨と肩甲骨をつなぎ、胸と肩を真っすぐに保つ支柱の役目を果たしています。皮膚表面近くにあり、前から見るとほぼ一…

🇧🇿病気 坐骨結節裂離骨折

骨が弱い成長期に発生しやすいスポーツ障害で、骨盤の坐骨結節にある骨端線の部分が裂離骨折する障害 坐骨(ざこつ)結節裂離骨折とは、骨盤の坐骨結節にある骨端線という、骨の端にある成長軟骨が骨に変わってゆく境目の部分が裂離骨折する障害。骨が弱い成…

🇧🇿病気 坐骨神経痛

坐骨神経が圧迫されて、臀部から太ももの裏に痛み 坐骨(ざこつ)神経痛とは、坐骨神経が圧迫されることによって、強い痛みが生じる神経痛の総称。坐骨神経痛は症状の表現であり、疾患名ではありません。 原因として最も多いのは、外傷によって腰の椎間板(…

🇧🇿病気 ささくれ

爪の周囲の皮膚が細かく裂けたり、めくれたりする状態 ささくれとは、爪(つめ)の周囲の皮膚部分が指先の部分から細かく裂けたり、めくれたりする状態。逆むけ、ハングネイルとも呼ばれます。 ささくれができる原因の一つは、皮膚の水分が不足する乾燥。洗…

🇧🇿病気 匙状づめ

つめの甲の先端、あるいは全体の表面がへこんでいる状態 匙状(さじじょう)づめとは、つめの甲の先端、あるいは全体がスプーン状にへこむ状態。スプーンネイルとも呼ばれます。 全指のつめがスプーン状に表面がへこんでいる場合、成人では鉄欠乏性貧血の症…