健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(け)

◼︎病気 形質細胞性口唇炎

良性の慢性炎症性疾患が口唇にできたもの 形質細胞性口唇炎とは、開口部形質細胞症と呼ばれる良性の慢性炎症性疾患が口唇にできたもの。 開口部形質細胞症は、口唇、頬(ほお)粘膜、歯肉、男性外陰部、女性性器など人体の開口部に、浮腫(ふしゅ)性変化や…

🇨🇰病気 鶏眼

刺激や圧迫により、足の皮膚が部分的に厚くなり、痛みを生じる状態 鶏眼(けいがん)とは、外からの持続的な機械的摩擦や圧迫などによって、足の皮膚表面の角質層が部分的に厚くなり、痛みを生じる状態。魚(うお)の目とも呼ばれます。 皮膚表面の角質層は…

🇨🇷病気 頸肩腕症候群

首、肩、腕の痛みや凝りを起こす疾患の総称 頸肩腕(けいけんわん)症候群とは、首、肩、腕、手指の痛みや凝り、しびれなどを来すいくつかの疾患の総称。最近では、この頸肩腕症候群からさらに詳しくするために、胸郭出口症候群や腕の神経絞扼(こうやく)症…

🇨🇷病気 脛骨疲労性骨膜炎

すねに沿った筋肉に損傷が生じて痛む状態 脛骨(けいこつ)疲労性骨膜炎とは、すねに沿った筋肉に損傷が生じて痛む状態。シンスプリント(Shin splints)、過労性脛部痛とも呼ばれます。 通常、足のすねの部分に、長期に渡って繰り返し負荷がかかるために起…

🇨🇷病気 形成性陰茎硬化症

陰茎の皮膚の下に硬いしこりができる疾患 形成性陰茎硬化症とは、男性の陰茎の皮膚の下に硬いしこりができる疾患。陰茎形成性硬結症、陰茎硬化症、線維性海綿体炎、ペロニー病、パイロニー病、ペイロニー病、ヴァン・ビューレン病などとも呼ばれます。 30~7…

🇨🇷病気 頸椎後縦靭帯骨化症

頸椎の後ろを走っている靱帯が骨に変わり、肥厚してくる疾患 頸椎後縦靭帯(けいついこうじゅうじんたい)骨化症とは、頸椎の後ろを走っている靱帯が骨に変わり、肥厚してくる疾患。 骨に変わった靭帯は、頸椎の可動性を減少させながら脊柱管(せきちゅうか…

🇭🇷病気 頸椎症

首の椎間板と椎骨の変性により、脊髄や神経根が圧迫される疾患 頸椎(けいつい)症とは、首の椎間板と椎骨の変性により、脊髄(せきずい)や神経根が圧迫される疾患。頸椎椎間板変性症、変形性頸椎症、頸椎椎間板症、頸部脊椎症、頸椎骨軟骨症などは、多少の…

🇭🇷病気 頸椎椎間板ヘルニア

頸椎の椎間板の一部がずれて、神経を圧迫する疾患 頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアとは、背骨の最上部にある頸椎の椎間板の一部が後方へずれ、神経を圧迫する疾患。胸椎、腰椎など、どこにでも発生する椎間板ヘルニアの1つです。 背骨のうちで…

🇭🇷病気 頸動脈狭窄

脳へ血液を流す頸部頸動脈が狭まり、脳梗塞を生じる危険性が高まる状態 頸動脈狭窄(けいどうみゃくきょうさく)とは、一般的に頸部頸動脈が動脈硬化を起こし、血液が流れる道が狭窄した状態。 頸動脈は頸部頸動脈と頭蓋(ずがい)内頸動脈に分かれますが、…

🇭🇷病気 軽度認知障害

認知症になる前の段階で、健康な状態と認知症の中間にある状態 軽度認知障害とは、認知症になる前の段階で、健康な状態と認知症の中間にある状態。つまり、認知症ではないものの、全く健康でもない状態です。 老化に伴う物忘れよりは記憶障害が進んでいます…

🇨🇺病気 頸部脊柱管狭窄症

頸部の脊柱管が狭くなり、中の脊髄や神経根が圧迫される疾患 頸部脊柱管狭窄(けいぶせきちゅうかんきょうさく)症とは、頸椎(けいつい)を上下に貫いている頸部脊柱管が狭くなり、脳から続く脊髄などが圧迫を受け、腕のしびれなどの症状がみられる疾患。頭…

🇨🇺病気 頸部内頸動脈狭窄症

頸動脈から分枝する内頸動脈が動脈硬化を起こし、血液が流れる道が細くなる疾患 頸部内頸動脈狭窄(けいぶないけいどうみゃくきょうさく)症とは、心臓から脳に向かう左右2本の頸動脈から分枝する内頸動脈が動脈硬化を起こし、血液が流れる道が細くなる疾患…

🇨🇺病気 けいれん性便秘

腸の運動が活発になりすぎることで、腸がけいれん状態に陥って起こる便秘 けいれん性便秘とは、大腸が便を押し出す蠕動(ぜんどう)運動と呼ばれる消化管環状筋の伸び縮みが活発になりすぎ、腸がけいれん状態に陥っていることから起こる便秘。特に男性に多い…

🇨🇺病気 ケーラー病

足の中央部にある舟状骨が変形して、痛みが生じる第一ケーラー病 ケーラー病とは、足の骨が変形して、痛みを生じる疾患。第一ケーラー病と第二ケーラーとがあり、ともに成長期の子供の成長軟骨に障害が起き、痛みを伴う疾患である骨端(こつたん)症、いわゆ…

🇨🇺病気 劇症肝炎

急性肝不全症状を呈する疾患 劇症肝炎とは、急性肝炎の経過中、8週間以内に、精神神経症状である肝性脳症を始めとして、黄疸(おうだん)、出血傾向などの急性肝不全症状が出現する疾患です。 急性肝炎の発病10日以内に肝性脳症が出現する急性型と、11日以…

🇨🇺病気 下駄履き骨折

足の小指の根元、甲の部分に位置する第5中足骨の基部に起こる骨折 下駄履き骨折とは、足の第5趾(し)(小指)の根元、足の甲の部分に位置する長い骨である第5中足骨(ちゅうそくこつ)の足首に近い基部に起こる骨折。第5中足骨基部骨折とも呼ばれます。…

🇨🇺病気 血液型不適合妊娠

母親と胎児の血液型や産生抗体の相性が悪いために、新生児溶血性黄疸が引き起こされる可能性のある妊娠 血液型不適合妊娠とは、母親と胎児の血液型や産生抗体の相性が悪いために、新生児溶血性黄疸(おうだん)が引き起こされる可能性のある妊娠。母子血液型…

🇨🇼病気 結核

結核菌による感染症で、2万5000人が発症 結核とは、結核菌によって主に肺に炎症を起こす感染症。昔の疾患、あるいは発展途上国の疾患と考えられがちですが、日本では2007年の1年間で2万5000人余が新たに発症し、約1割の人が亡くなっています。 明治時代…

🇨🇼病気 結核性脊椎炎

肺結核から二次的に起こる骨関節結核の一つ 結核性脊椎(せきつい)炎とは、肺の病巣の結核菌が血流に乗って脊椎に到着し、転移して脊椎を破壊する疾患。肺結核から二次的に起こる骨関節結核のうちで代表的な疾患であり、脊椎カリエスとも呼ばれます。 この…

🇨🇼病気 血管運動性鼻炎

特定のはっきりした原因が不明ながら、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが起こる鼻炎 血管運動性鼻炎とは、アレルギー反応の関与が証明できないため原因がはっきりしないものの、鼻粘膜の自律神経の過敏反応により、くしゃみ、鼻水(鼻汁)、鼻詰まり(鼻閉)などの…

🇨🇼病気 血管拡張性環状紫斑

下肢に環状の紫斑ができ、慢性化して褐色調の色素沈着をみる皮膚疾患 血管拡張性環状紫斑(しはん)とは、主に下肢の両側に紫色の点状斑が多発して環状に配列し、慢性化するうち、次第に褐色調の色素沈着をみるようになる皮膚疾患。マヨッキー紫斑、マヨッキ…

🇨🇼病気 血管脂肪腫

脂肪腫の特殊なタイプで、血管成分が多く、四肢や体幹の皮下組織に多発する腫瘍 血管脂肪腫(しゅ)とは、四肢や体幹などの皮下組織に多発し、脂肪組織と血管組織からなる良性の腫瘍(しゅよう)。多発性血管脂肪腫とも呼ばれます。 皮膚のすぐ下に脂肪組織…

🇨🇼病気 血管腫

皮膚の毛細血管の増殖、拡張でできる赤あざ 血管腫(しゅ)とは、真皮および皮下組織の中にある毛細血管の増殖、拡張を主としてできる母斑。内部の血液によって皮膚表面は赤く見えるので、赤あざとも呼ばれます。 異常を示す血管のある部位と、血管の構造の…

🇨🇼病気 血管性紫斑病

手や足のいわゆる四肢末梢に紫斑ができる疾患で、4~7歳の小児に好発 血管性紫斑(しはん)病とは、手や足のいわゆる四肢末梢(まっしょう)に、軽く盛り上がった紫斑ができる疾患。アレルギー性紫斑病、アナフィラクトイド紫斑病、シェーンライン・ヘノッ…

🇨🇾病気 月経痛

女性の誰にでもある月経痛月経痛は、程度の差こそあっても、ほとんどの女性が悩まされるものです。月経が始まる2~4日前から月経中にかけて起こる下腹痛、腰痛、頭痛、下痢などの症状を総じて、月経痛と呼びます。多くの人の場合、月経が始まった1~2日…

🇨🇼病気 月状骨軟化症

手首を構成する骨の一つである月状骨が壊死する疾患 月状(げつじょう)骨軟化症とは、手首を構成する8個の骨の一つである骨に、血流障害による壊死が起こる疾患。キーンベック病とも呼ばれます。 1910年、キーンベックによって初めて報告されました。月状…

🇨🇼病気 血精液症

男性の精液の中に、血液が混じる疾患の総称 血精液(けつせいえき)症とは、男性の精液の中に血液が混じる疾患の総称。 精液の大部分は、陰茎の奥にある前立腺(ぜんりつせん)と、その前立腺の奥にある精嚢(せいのう)で作られ、前立腺成分が約20パーセン…

🇨🇼病気 結節腫

手の甲などの関節にできる良性腫瘍で、若い女性に多く発生 結節腫(しゅ)とは、手の甲などの関節にゼリー状の液体がたまり、円い結節状に膨れる疾患。ガングリオンと呼ばれることもあります。 男性より女性のほうが発症率が高く、若い女性によく発生します…

🇨🇿病気 結節性紅斑

皮膚の下に硬いしこりのある紅斑ができる炎症性の疾患 結節性紅斑(こうはん)とは、皮膚の下に硬いしこりのある紅斑ができる炎症性の疾患。病理学的には、皮下脂肪組織を中心とする炎症です。 若い成人、特に女性が最も発症しやすく、数カ月から数年に渡っ…

🇨🇿病気 結節性多発動脈炎

全身の中小動脈に炎症が起こる疾患 結節性多発動脈炎とは、全身の中小動脈の動脈壁に炎症が起こる疾患。中小動脈に血管炎が起こる本症と、細小動脈から静脈に血管炎が起こる顕微鏡的多発血管炎とを併せて、結節性動脈周囲炎とも呼ばれます。 膠原(こうげん…