健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(え)

◼︎病気 疫痢

日本人の小児にみられた細菌性赤痢の重症型 疫痢とは、2歳から5歳ぐらいの小児にみられた細菌性赤痢の重症型。小児赤痢、小児劇症赤痢とも呼ばれます。 赤痢菌が腸に感染することが原因で起こる小児の特殊な感染症で、1914年伊東祐彦により独立疾患とされ…

◼︎病気 エボラ出血熱

エボラウイルスにより引き起こされる感染症 エボラ出血熱とは、エボラウイルスにより引き起こされる感染症。エボラウイルスにより引き起こされる感染症患者が必ずしも出血症状を示すわけではないことから、国際的にエボラ出血熱に代わってエボラウイルス病と…

🇻🇺病気 エーラス・ダンロス症候群

皮膚、関節が過伸展し、結合組織がもろくなる遺伝性の疾患 エーラス・ダンロス症候群とは、皮膚や骨、血管、さまざまな臓器などを支持する結合組織が脆弱(ぜいじゃく)になる遺伝性の疾患。 原因や症状、遺伝形式の違いに基づき、複数の病型に分類されてい…

🇸🇷病気 会陰裂傷

主に分娩に際して会陰部の組織に生じる裂傷 会陰(えいん)裂傷とは、主に分娩(ぶんべん)に際して、会陰部が過度に押し広げられて生じる裂傷。会陰破裂とも呼ばれます。 裂傷は膣(ちつ)入口部と肛門(こうもん)の間、長さにして3センチほどの部分に生…

🇱🇰病気 嚥下障害

食べ物を口の中に取り込んで飲み込むまでの過程が正常に機能しない状態 嚥下(えんげ)障害とは、食べ物や水分を口の中に取り込んでから飲み込むまでの過程が正常に機能しない状態。嚥下困難、摂食嚥下障害とも呼ばれます。 物を食べることは、食べ物を認識…

🇰🇪病気 エイパート症候群

頭の形と顔貌が特徴的で、手足の指の癒合がある先天性疾患 エイパート症候群とは、複数の特定の奇形を持っている先天性の異常疾患。アペール症候群とも、尖頭(せんとう)合指症候群とも呼ばれます。 エイパート症候群の主な症状は、頭蓋(とうがい)骨縫合…

🇰🇮病気 腋臭症

わきの下から特有のにおいが出る症状 腋臭(えきしゅう)症とは、わきの下の汗が原因で体臭が気になる疾患。わきがとも呼ばれます。 思春期になると、わきの下からの汗が刺激のある独特なにおいを発するようになります。においが強い場合が、腋臭症に相当し…

🇽🇰病気 エキノコックス症

条虫の一種であるエキノコックスによって引き起こされる寄生虫病 エキノコックス症とは、条虫の一種であるエキノコックス(包虫)によって、引き起こされる寄生虫病。エキノコッカス症、包虫症とも呼ばれます。 このエキノコックス症には、単包条虫による単…

🇨🇦病気 エッグシェルネイル

爪の甲が薄く白くなり、爪の先端が内側に湾曲する状態 エッグシェルネイルとは、爪(つめ)の甲が薄く白くなり、爪の先端が内側に湾曲する状態。卵殻爪(らんかくそう)とも呼ばれます。 卵の殻のような形になって、しばらくほうっておけば元の爪の甲の形に…

🇽🇰病気 エドワーズ症候群

染色体の異常により引き起こされる重度の先天性障害 エドワーズ症候群とは、18番目の常染色体が1本多い、3本あることが原因で引き起こされる重度の先天性障害。エドワード症候群、18トリソミー症候群、18トリソミーとも呼ばれます。 人間の体は、父親と母…

🇰🇼病気 エプスタイン・バーウイルス感染症

主にエプスタイン・バーウイルスの感染で起こり、青年期に多くみられる疾患 エプスタイン・バーウイルス感染症とは、主にエプスタイン・バーウイルスの感染で起こり、15~30歳くらいの青年期に多くみられる良性の疾患。EBウイルス感染症、伝染性単核球症と…

🇰🇼病気 エリテマトーデス

膠原病の一つで、顔面などに生じる紅斑を主症状とする疾患 エリテマトーデスとは、顔面などに生じる紅斑(こうはん、エリテマ)を主症状とする疾患。紅斑性狼瘡(こうはんせいろうそう)とも呼ばれます。 膠原(こうげん)病の一つで、自己免疫性疾患のうち…

🇰🇬病気 エリトラスマ

蛍光発色性ジフテロイドという特殊な細菌に、皮膚の表層部が感染する疾患 エリトラスマとは、コリネバクテリウム属の蛍光発色性ジフテロイドという特殊な細菌に、皮膚の表層部が感染する疾患。紅色陰癬(こうしょくいんせん)とも呼ばれます。 蛍光発色性ジ…

🇰🇬病気 エルニシア食中毒

低温細菌であるエルシニア菌によって引き起こされる食中毒 エルニシア食中毒とは、5℃以下でも増殖する低温細菌であるエルシニア菌によって引き起こされる食中毒。 ペストの原因となるペスト菌の仲間であるエルニシア菌には、5種類あります。そのうち食中毒…

🇱🇦病気 嚥下性肺炎

誤嚥によって、口の中の細菌が気管や肺に流れ込んで生じる肺炎 嚥下(えんげ)性肺炎とは、口の中に常在する細菌が唾液などの分泌物とともに気管内に入る誤嚥に引き続いて、発症する肺炎。誤嚥性肺炎とも呼ばれます。 飲み物や食べ物を飲み込む動作を嚥下と…

🇱🇦病気 炎症性角化症

慢性の経過をとり、なかなか治りにくい皮膚疾患 炎症性角化(かくか)症とは、皮膚が赤みを帯びる炎症と、皮膚の表皮や角質層が厚くなる角化症が同時に起こる皮膚疾患。乾癬(かんせん)、扁平苔癬(へんぺいたいせん)、毛孔性紅色粃糠疹(もうこうせいこう…

🇱🇦病気 炎症性腸疾患

主として消化管に原因不明の炎症を起こす慢性疾患の総称 炎症性腸疾患とは、主として消化管に原因不明の炎症を起こす慢性疾患の総称。通常の食中毒などと異なり数日でよくなりことはなく、長期に渡ってよくなったり悪くなったりしながら症状が続きます。 適…

🇱🇻病気 炎症性乳がん

まれに発生する特殊なタイプの乳がんで、非常に治りにくい種類 炎症性乳がんとは、乳房の皮膚が赤くはれて、オレンジの皮のような外観を示すタイプの乳がん。 まれに発生している特殊なタイプの乳がんで、非常に治りにくい種類です。乳がん全体の約1パーセ…

🇱🇻病気 遠心性後天性白斑

黒子を中心にして、周囲の皮膚に白いまだらが円形に生じる疾患 遠心性後天性白斑(はくはん)とは、色素性母斑の一番小さい型である黒子(ほくろ)を中心にして、周囲の皮膚に白斑が円形に生じる疾患。サットン後天性遠心性白斑、サットン白斑、サットン母斑…

🇱🇧病気 円背

脊椎の胸椎部の後方への湾曲が極端に大きくなっている疾患の総称 円背(えんぱい)とは、背骨、すなわち脊椎(せきつい)のうちの胸椎部の後方への湾曲が極端に大きくなっている疾患の総称。脊椎後湾症、脊柱後湾症、亀背(きはい)、猫背(ねこぜ)とも呼ば…

🇱🇸病気 円板状エリテマトーデス

皮膚限局型エリテマトーデスの一つで、慢性型のサブタイプに属する皮膚疾患 円板状エリテマトーデスとは、日光露出部である頭部、顔面、四肢などに、円板状の紅斑(こうはん)が好発する原因不明の皮膚疾患。慢性円板状エリテマトーデス、円板状紅斑性狼瘡(…

🇱🇷病気 エンプティネストシンドローム

中高年の専業主婦が陥りやすい心身の不安定な状態 エンプティネストシンドローム(empty-nest syndrome)とは、40歳代後半から50歳代の専業主婦が陥りやすい心身の不安定な状態。空(から)の巣症候群とも呼ばれます。 生きがいだった子供たちが大学進学や就…

🇺🇦病気 エコノミークラス症候群

■脚や腕の静脈に生じる血栓が要因■ エコノミークラス症候群とは、飛行機内などで長時間、同じ姿勢を取り続けて発症する一連の症候群としてよく知られており、旅行者血栓症やロングフライト血栓症、静脈血栓塞栓(そくせん)症、深部静脈血栓症とも呼ばれます…

🇺🇦病気 円形脱毛症

■円形脱毛症とは■ 「ガガーン! 円形脱毛症!!」。ある夏の日の朝、バスルームの鏡に向かっていたOLのA子さんは、後頭部に10円玉くらいの丸い脱毛部分を見付けてしまいました。 髪の毛を長くしているからなんとかごまかせたものの、本当にショック! 親や…

🇺🇦病気 遠視

■調節しないと、遠いところも近いところもはっきり見えない状態■ 遠視とは、目の屈折異常の一つで、自動的に調整しないと、遠いところも近いところもはっきり見えない状態。遠視眼、遠眼とも呼ばれます。 目には、近くを見る時に網膜上に正しく焦点を合わせ…

🇸🇱病気 円錐角膜

■角膜の形が変形して、視力が低下する疾患■ 円錐(えんすい)角膜とは、角膜のほぼ中央が前方へ突き出して円錐形となり、その中央が非常に薄くなる疾患。角膜の変形によって視力が低下し、疾患が発見されます。 眼球の黒目の表面を覆う薄い膜である角膜は、…