健康創造塾

日本発の健康情報を発信

病気(う)

🇸🇿病気 ウェルナー症候群

早老症の一つで、さまざまな生理的老化現象に似た症状を示す遺伝病 ウェルナー症候群とは、生理的老化現象が通常よりも早い時間軸の中で出現する早老症の一つ。1904年に、ドイツのオットー・ウェルナー医師により初めて報告されたまれな遺伝病です。 思春期…

🇰🇪病気 栄養失調

標準体重より体重が20パーセント以上減少している状態 栄養失調とは、一般的に、標準体重より体重が20パーセント以上減少している状態。栄養不良、栄養不足、羸痩(るいそう)とも呼ばれます。 標準体重より少ないからといって、人それぞれで体重がほぼ一定…

🇱🇷病気 ウィリス動脈輪閉塞症

原因不明で、脳底部にもやもやとした異常血管網が現れる脳血管疾患 ウィリス動脈輪閉塞(へいそく)症とは、日本人に多発する原因不明の脳血管疾患。もやもや病、脳底部異常血管網症ともいいます。 厚生労働省指定の難病の一つで、1950年代の後半に初めてそ…

🇱🇾病気 ウイルス性胃腸炎

ウイルスを原因とする胃腸炎で、嘔吐と下痢が主な症状 ウイルス性胃腸炎とは、ウイルスを原因とする胃腸炎の総称。一年を通じて発生しますが、例年晩秋から冬季に多くなります。 原因となる主なウイルスは、ノロウイルスやロタウイルス、サポウイルス、アデ…

🇱🇮病気 ウイルス性いぼ

ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚や粘膜に侵入して、いぼができる疾患の総称 ウイルス性いぼとは、ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルス(ヒトパピローマウイルス)が皮膚や粘膜に侵入して、いぼができる疾患の総称。いぼの別名は疣贅(ゆうぜい)で、ウイルス性疣…

🇱🇹病気 ウイルス性結膜炎

ウイルスの感染によって目の結膜に炎症が起こる疾患 ウイルス性結膜炎とは、ウイルスの感染によって目の結膜に炎症が起こる疾患。 結膜は、上下のまぶたの裏側と、眼球の表面から黒目の周囲までを覆っている、薄い粘膜の部分を指します。まぶたの裏側を覆っ…

🇱🇺病気 ウイルス性髄膜炎

脳を取り巻く髄膜にウイルスが感染し、炎症が起こる疾患 ウイルス性髄膜炎とは、脳を取り巻き、内側から軟膜、くも膜、硬膜の三層からなる髄膜に、原因となるウイルスが血液を介して感染し、炎症が起こる疾患。 ウイルス性髄膜炎は無菌性髄膜炎の一部を占め…

🇲🇴病気 ウイルス性鼻炎

ウイルスに感染して鼻粘膜の炎症が急激な経過をとる鼻炎 ウイルス性鼻炎とは、鼻腔(びくう)の粘膜にさまざまな原因で炎症が生じる鼻炎の中で、ウイルスに感染して起き急激な経過をとる鼻炎。急性ウイルス性鼻炎、急性鼻炎とも呼ばれます。 ウイルス性鼻炎…

🇲🇰病気 ウイルソン病

脳、肝臓に銅が沈着してくる遺伝性疾患 ウイルソン病とは、体内に銅が沈着することにより、脳、肝臓、腎(じん)臓、目などが侵される疾患。その原因は、日常の食事で摂取された銅が肝臓から胆汁中へと、正常に排出されないことによります。 常染色体劣性遺…

🇲🇬病気 ウイルムス腫瘍

染色体異常が原因で、乳幼児の腎臓に発生する悪性腫瘍 ウイルムス腫瘍(しゅよう)とは、乳幼児の腎臓(じんぞう)に発生する悪性腫瘍。胎生期の未分化な腎組織から発生するので、腎芽腫、腎芽細胞腫とも呼ばれます。 子供の腎臓に発生する腫瘍のうち、この…

🇲🇼病気 ウーマンオンコロジー

乳がん、卵巣がんなど、女性が主に患う腫瘍 ウーマンオンコロジーとは、女性が主に患う腫瘍(しゅよう)のこと。 乳がん、卵巣がん、甲状腺(こうじょうせん)がん、子宮頸(けい)がん、子宮体がんなどです。 ■■乳がん■■ ■急増している、女性がかかるがんの…

🇲🇾病気 ウエスト症候群

生後4カ月から1歳ころの小児に発症する予後不良のてんかん ウエスト症候群とは、生後4カ月から1歳ころの小児、特に男児に多く発症する予後不良のてんかん。1841年にウエストという医師が彼自身の息子の病状と経過を報告したのが最初で、点頭てんかんとも…

🇲🇻病気 ウェルシュ菌食中毒

高温でも死滅しないウェルシュ菌に汚染された食肉などで発症 ウェルシュ菌食中毒とは、高温でも死滅しないウェルシュ菌に汚染された食肉、魚介類、野菜や、これらを使用した煮物によって引き起こされる食中毒。 ウェルシュ菌は酸素を嫌う嫌気性菌で、土壌、…

🇲🇱病気 ウェルニッケ脳症

栄養不良の人やアルコール多飲者に起こる脳症 ウェルニッケ脳症とは、ビタミンB1(チアミン)の欠乏のために、脳の働きに障害が起きる疾患。 体内の炭水化物の代謝に必要なビタミンB1の欠乏のみでも発症しますが、長期間のアルコール多飲者やアルコール…

🇲🇹病気 ウェルニッケ・コルサコフ症候群

ビタミンB1の欠乏のために、脳の働きに障害が起きる疾患 ウェルニッケ・コルサコフ症候群とは、ビタミンB1(チアミン)の欠乏のために、アルコール依存症の人や栄養不良の人に発症する中枢神経疾患。 急性期のものをウェルニッケ脳症、慢性期(後遺症)…

🇲🇭病気 魚の目

刺激や圧迫により、足の皮膚が部分的に厚くなり、痛みを生じる状態 魚(うお)の目とは、外からの持続的な機械的摩擦や圧迫などによって、足の皮膚表面の角質層が部分的に厚くなり、痛みを生じる状態。鶏眼(けいがん)とも呼ばれます。 皮膚表面の角質層は…

🇲🇶病気 ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群

発作があると危険な頻脈性の不整脈 ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群とは、脈拍が速くなる頻脈性の不整脈を生じる疾患の一つ。不整脈とは、一定間隔で行われている心臓の拍動のリズムに、何らかの原因によって乱れが生じる疾患です。 1915年ころから…

🇲🇷病気 ウォルフ・ヒルシュホーン症候群

4番染色体の短腕の一部分が欠損していることが原因で引き起こされる重度の先天性障害 ウォルフ・ヒルシュホーン症候群とは、22対ある常染色体のうち、4番染色体の短腕の一部分が欠損していることが原因となって、引き起こされる重度の先天性障害。4p(よ…

🇲🇺病気 うっ滞性皮膚炎

下肢の血液循環が滞るために生じる慢性の皮膚疾患 うっ滞性皮膚炎とは、下肢の静脈の循環不全によって生じる慢性の皮膚疾患。うっ滞とは、血液などが正常に循環したり流れたりすることができずに、静脈内などに滞留した状態を指します。 特に中年以降の女性…

🇾🇹病気 運動器機能低下症候群

骨や関節に障害が起こり、寝たきりなど介護が必要になる危険性の高い状態 運動器機能低下症候群とは、運動器(locomotive organs)の障害のために要介護となる危険性の高い状態を指します。ロコモティブシンドローム、ロコモシンドローム、略してロコモと呼…

🇲🇽病気 運動ニューロン疾患

運動神経だけが障害される進行性の神経変性疾患の総称で、筋委縮性側索硬化症が代表 運動ニューロン疾患とは、骨格筋を支配する神経細胞である運動ニューロンのうち、大脳からの運動の命令を筋肉まで伝える運動神経だけが選択的に障害され、運動神経以外の感…

🇫🇲病気 ウンナ母斑

新生児に多くみられ、後頭部から頸部にかけて現れる赤いあざ ウンナ母斑(ぼはん)とは、新生児の後頭部から頸(けい)部(うなじ)にかけて現れる赤いあざ。正中部母斑の一種です。 正中部母斑には、このウンナ母斑とサーモンパッチが属し、サーモンパッチ…

■病気 ウイルス性肺炎

■細菌よりも小さいウイルスが原因となって発症する肺炎■ ウイルス性肺炎とは、細菌よりも小さいウイルスが原因となって発症する肺炎。代表的なウイルスには、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどがあります。 ウイルスによる肺の疾患は風邪症候群と…

■病気 うつ病

■うつ病とは■ うつ病とは文字通り、「気分が憂うつになる病気」には違いありませんが、単に嫌なことがあって不愉快になるとか、仕事が難しすぎてうんざりするというのとは、ちょっと違います。 次のような質問に「ハイ」、「イイエ」で答えてみてください。 …

🇺🇦病気 ウェゲナー肉芽腫症

■鼻と肺の肉芽腫が認められる全身の血管炎■ ウェゲナー肉芽腫(にくげしゅ)症とは、鼻と肺の肉芽腫、壊死(えし)性半月体糸球体腎(じん)炎が認められる全身の血管炎。膠原(こうげん)病の中でも、まれな病気です。 1939年にドイツの病理学者であるウェ…

🇸🇬病気 うっ血乳頭

■視神経の乳頭にむくみが起きて、はれ上がった状態■ うっ血乳頭(にゅうとう)とは、眼底にある視神経の乳頭にむくみが起きて、大きくはれ上がり、充血した状態。 眼球の奥にある中心窩(か)から少し鼻のほうに寄ったところにあって、眼球壁を貫く視神経乳…